2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【辛口】観てきた映画について語れや 2【歓迎】

1 :辛口男爵:03/12/14 13:00 ID:ySBYv2Ku
予想外に息が長く、遂に1000レス達成!?
そういうことで第二弾。
まぁ、語れや

前スレ
【辛口】観てきた映画について語れや【歓迎】
http://life.2ch.net/test/read.cgi/northa/1022205570/l50

2 :名無しさん:03/12/14 13:36 ID:7TpmhYVs
>>1
乙です♪

3 :名無しさん:03/12/14 16:03 ID:z05HkCBW
謙さま…萌え萌え!!

4 :名無しさん:03/12/14 16:04 ID:eIilD13e
カナダの友人にラストサムライのことを話してみたら、
明日行ってみてみると言っていた。
彼が言うには、ハリウッドは日本はアメリカに次ぐお得意さん
だから、日本をテーマにした映画が取り上げられることが多いんだろう
っていうようなことを言っていたが、それにしては今までまともに日本の
歴史や日本人の精神を描いたものは少なかった、どころか皆無に近かった
とは思うけどね。

ヨーロッパは基本的にハリウッド嫌いだから、世界的な注目を浴びることは
ないだろうとも言っていたけど。

5 :名無しさん:03/12/14 16:09 ID:z05HkCBW
自衛隊をイラクに送れば
謙さんにオスカー という噂は本当?

6 :名無しさん:03/12/14 16:09 ID:skO/XIRc
217 :クレイモア ◆cPEt7zlFAo :03/12/14 09:15 ID:kJlQEWPv
>>211
そうだな 俺も細かいとこは覗いて大好きだよこの映画
感動の大作には間違いない
でも、こだわりたいのは娯楽作品でないなら、何かのメッセージを伝えたいはずだろ
俺の自主制作映画携わった稚拙な経験からも言っても、単なる娯楽作品でないなら
テーマとメッセージが骨としてある スタッフはその思いを力に映画を作る
それは現代に対するメッセージはなんだろう
それが何を伝えたかったかが、好きな作品だからこそ知りたいんだ

2回観て思ったのは、最後の天皇謁見シーンで、日本人からするとアメリカの従属でなく
日本人としての誇り、それも金や権力でない真のスピリットを忘れるなと取れるし、
世界で上映されるわけだから、アメリカ以外の国では、現在世界中に広がる、反グローバリズム
反アメリカ主義への賛歌ともとれるし・・・
そう考えるとこの作品はかなり奥深い 

アメリカ主要紙の評価がいま1つなら、その反グローバリズムに対するメッセージを汲み取った
からかもしれない・・・これは深読みではないはずだ

アメリカ本国での評価をそういう視点でみるともっと面白い、と勝手ながら是非提案させて頂きたい
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

映画作品板より抜粋

同じこと考える人って多いんだよなー。


7 :名無しさん:03/12/14 16:15 ID:z05HkCBW
しかし、今のアメリカで「戦場で戦士として死ぬ」ことを
あんなにまで美しく描くことに関しては
反アメリカ反グローバリズムというよりも
単にイラクに行ってPERFECTに死んでこないか、
というお誘いのような気もするけどね。

反米、半グローバリズムとかいう含蓄のない層は
とりあえず戦場いっとく?って思うんじゃないの。
あと日本にJETと英会話教師で行く勘違いアメ人も増えそう。

実際の効果としてはそれほどポジティブなことはなさそう。

でも謙さま最高。あの肩のあたり…抱きすくめられたいわ!

8 :けん:03/12/14 18:22 ID:mrRxXb6y
オオカミ少年ケンだが・・・・
おれももう年取って、44にもなるのだが
それでよければどうぞ。

9 :名無しさん:03/12/14 18:48 ID:mrRxXb6y
1000getだわい、へへへ

10 :名無しさん:03/12/14 18:49 ID:mrRxXb6y
age

11 :名無しさん:03/12/14 22:55 ID:rTib/aWD
とりあえす、フセインが拘束されたようです

12 :名無しさん:03/12/14 23:39 ID:4vOEmyz9
アルカイーダに加担したアメリカ人っていたじゃん。
ラストサムライそのものは良かったけど、あのアメリカ人との違いはなんだろうな
って。
最後、明治天皇にフォア ザ ピープルと言わすことで国策に反する行動の美化を
理由付けしたのかな。

13 :名無しさん:03/12/15 00:50 ID:vzTPykS8
>何かしらの思慮

オスカーでしょうね。話題性、芸術性、収益、そして社会的主張、
これだけそろえば、狙える、という思いは無かったはずが無い。

> 単にイラクに行ってPERFECTに死んでこないか、

そういうメッセージならトムが戦場で渡辺謙とともに
死んでくれないと完結しないでしょ。
(俺はあのシーンで死んだのかと思った。後でトムの不死身さにびびった。)


14 :名無しさん:03/12/15 01:13 ID:p3i6qJKs
何か考えすぎな人が多くない?
そういう人って "そういうことを考えている自分に酔っている"だけな
感じがする

15 :名無しさん:03/12/15 01:37 ID:I7ioYoYy
> 単にイラクに行ってPERFECTに死んでこないか、

もう一つある。

カミカゼはあくまでも戦闘行為の一環なのであるから、
「無差別自爆テロ」とは一緒にすべきではない。

という具合



16 :名無しさん:03/12/15 01:59 ID:IJDQ1WCg
いいや、自爆テロは民間人を巻き込む卑劣な手段
もう一つのテーゼとは、つぎの通り。

カミカゼはあくまでも武士道の精神に基づいた「死にゆく美学」なのであって
それとは反対の、民間人を巻き込んだテロ行為である「イスラム自爆テロ」
とは似て非なるものである

それを訴えんがために、この映画を制作したのである




17 :名無しさん:03/12/15 02:30 ID:7XorCkOK
そこまでは考えてないだろうと思うけど、
武士道 対 近代政府
の図式をみて
イスラム VS アメリカングローバリズム
を思い至らない人間は、見る意味の半分をなくしている
とは思うね。

逆にそのメッセージが強いから、
賞取りにとってはどうなんだろう?

ボウリングフォーコロンバインの監督は、
ちっちゃい賞だから、いけたけど、
作品賞狙いのこの作品で、
このメッセージは、賛否両論だよな。

今年のオスカーはアメリカ人の知性に対する「踏み絵」になるね。

18 :名無しさん:03/12/15 02:39 ID:wD7M8J6S
>>13
それが完結するのよ。こういう、
現地人と同化して彼らとともに
命を賭して戦うみたいな映画は
ハリウッドの中でもひとつのジャンルだし
そういう映画でアメリカ人のヒーローは
死なないことになってる。

たとえば、イラクにいって戦って
PERFECTに死ぬつもりでやったら
アメ人だけ生き残ってイラク人の小雪と
めでたく…みたいな風に思うかもしれない。

とにかく
こういうテの映画はアメ人は死なないことになってる。

オスカー、去年はイギリス人がのしてたでしょう。
あれはブレアに対するお礼だとすると
でも小泉にブッシュがお礼をするとは思わない。
恐らくオスカーとアメリカのレイシズムに対する踏み絵
となるのでは。謙さま、でもノミネートぐらいはされるかな?

19 :名無しさん:03/12/15 02:41 ID:7XorCkOK
>13

結局トムは武士道を完全に理解してリスペクトするに至り、
武士本人からも介錯をたのまれるまでの信頼関係を築いた。
しかし、自分の人生はアメリカ人としての正義=生き残る道、
を選択した訳でしょ。
お互いの哲学を尊重したが、それに染まった訳ではない、
アメリカ人として生きるトムで映画は終わっている。
その生の選択を武士は「恥」と見たかもしれないが、
あれを「生き恥」とおもうアメリカ人はいないと思う。
アメリカ的には生き残ってあの村を支えるのは、
実に正しい一つの正義だと思う。


20 :名無しさん:03/12/15 04:40 ID:AcWSoSRa
>>13
>>何かしらの思慮

>オスカーでしょうね。話題性、芸術性、収益、そして社会的主張、
>これだけそろえば、狙える、という思いは無かったはずが無い。

これって俺へのレスかな。俺が言った「トムの思慮」ってのは
前レス>>996へのレスとして出てきたものなんだよな。

つまり「やろうと思えばいくらでも"トムthe Hero"的な映画にできたはずなのに
何故トムはそうしなかったのか?そこには日本文化や武士道、
それを伝えた武士達へのリスペクト等の
トムの”思慮”があったんじゃないだろうか」っていう意味。

もちろん話題性、芸術性、その他ビジネス的な様々な思いも
当然あっただろうと思うよ

21 :20:03/12/15 04:41 ID:AcWSoSRa
>>20=前レスの998ね

22 :名無しさん:03/12/15 04:52 ID:AcWSoSRa
>>12
>アルカイーダに加担したアメリカ人っていたじゃん。
>ラストサムライそのものは良かったけど、あのアメリカ人との違いはなんだろうな
>って。

なんなんだろうね。
やっぱトムが「アメリカ・インディアン虐殺の記憶に悩むアメリカ人」っていう
キャラ設定かな。
アメリカ・インディアンへの文化破壊行為への反省や
それを「間違いだった」っていう認識を持ち異文化への相対価値観を持つことなんかは
黒人への奴隷制度と並んで「当時のアメリカ国策への批判」でありながら
「現代の良識あるアメリカ人としては持つべき常識」みたいな、
なんというか逆説的部分があるから。


23 :名無しさん:03/12/15 04:56 ID:p3i6qJKs
なんか脳内妄想激しすぎてキモイよ…
俺はネイティブアメリカンとの歴史を重ねただけだと思うのだが。
アメリカにあるMovie Reviewのサイトに逝ってこいって。
誰が【イスラム VS アメリカングローバリズム 】なんかについて話してる?
それにさぁ、サムライを自爆テロと同等に扱ってる香具師、本当に日本人か?
いい加減にしてくれ。

それに、去年のオスカーがブレアへの感謝??はぁ〜?
妄想激しすぎ。ちょっとやばいよ、あんたら。

24 :名無しさん:03/12/15 05:06 ID:WWxV+/+7
>>23うるさいねー知恵遅れ。映画批評というのは
そういうやばい考えを提示することになってるもんなの。

映画がどういうプロセスで生産され消費されるか
全くわかってないみたいだけど中卒語学学校なんじゃないの。

25 :23ではないが…:03/12/15 06:11 ID:GHg/10ph
>>24
なんかおまえバカっぽいな。
そんなの評論家がやってくれるから
内容とかまわりの人間の感想とか教えてよ。

>うるさいねー知恵遅れ。映画批評というのは
>そういうやばい考えを提示することになってるもんなの。

(ノ∀`)アチャー


26 :名無しさん:03/12/15 07:11 ID:PwqvakUg
今度のオスカーは「Mystic River」がいただきます。

27 :名無しさん:03/12/15 07:33 ID:yT3SWMkx
>そういうやばい考えを提示することになってるもんなの。

映画ってやっぱりインテリ振るもの=深読みするもの、
深読みを期待していろいろ表現するもの、
だよなあ。
そうでないとTVになっちゃう。

28 :名無しさん:03/12/15 07:38 ID:yT3SWMkx
TV=バカといういみではないけれどね。

あの映画を見てそれを連想しない奴は、
個人的にはバカだと思うと言うか、
思慮が浅いというか、
俺が制作者側だったら、
そういう相手とは映画議論はしたくねえな。

たとえその意見が自分の製作意図とは的外れであっても。


....というような映画と映画人に対する思い込みこそが、
一種の映画愛なんだと思うんだがな。それこそが唯一、
テレビと映画を分け隔てるものだからな。
今の様にテレビでも大作が作れる時代には。

29 :名無しさん:03/12/15 09:12 ID:p3i6qJKs
その発想からして、もうキモイんだよね。
「映画愛」( プッ )だかなんだかしらねぇけど、
TVが下で、映画が上?頭古っ。
それにさぁ、俺も映画製作者だったら、脳内妄想者とは議論したくないね。
恐いから。
俺が思うにキミがしてるのは、脳内妄想の確認だけ。それで悦に入ってる。

>>映画がどういうプロセスで生産され消費されるか全くわかってないみたいだけど
映画が作られる「過程」の話なんて、ここではどーーーーでもいいと思うんですが。
俺がいつそんな話しました?知障ですか?

んま、今後も「映画愛」を勝手に確認し合っててください。

30 :名無しさん:03/12/15 11:59 ID:WWxV+/+7
29=うざ杉。
自分のわからないレベルに話題がElevateされると
ゴネる小学生みたいねーここは映画に関して語るスレじゃ。
誰がどんな話しようと勝手だろうが!

学歴なさそうな小学生は放置プレイ。
知障の29に何らかの語りたいことがあれば
語ればいい。映画偏愛者の辛口意見を私は待っているけど
知障の29みたいなのの意見も別にたたきはしない。
「意見」なんて多分ないだろうけどね。

31 :名無しさん:03/12/15 12:23 ID:m7u4xloO
>26、地味そうな映画だがどうだった? ネタバレ無でどうぞ。

32 :名無しさん:03/12/15 20:57 ID:yeiWhrMN
異文化を認めるプロット=ダンスウィズウルブス型以外に、ハリウッドで日本を好意的に描く映画なんて、ほとんど有り得ないでしょ。
主人公を米人にしなくちゃいけないんだし。いいんだよ、これで。日本馬鹿にしまくりの映画よりよっぽどいいんだよ。


33 :名無しさん:03/12/15 21:00 ID:0du+c/+6
ネイティブ・アメリカンをアラブ、もしくはイスラムに変換してみると
現在の中東・世界情勢が、ラストサムライを通じて新たな視座により見つめなおせるのかもしれません。

それが、一体誰の魂胆なのかは小生には測りかねるところではありますが

34 :名無しさん:03/12/16 03:21 ID:spS6t2Wi
>33

そもそも一般に映画人ってリベラル系、左翼系な主義主張のひとが
多いじゃない。それに
そもそも大衆に訴えたいものが有って映画を作る訳で、
大衆に訴えたい主張なんだから、社会的、政治的メッセージを
含ませていて当たり前。

むろん、金儲けしたいだけの奴もいるだろうけど、
そういう奴が映画史に残る作品を残した例はない。

35 :名無しさん:03/12/16 04:14 ID:anReTEeh
>>34
うん、映画の中でのネィテブ・アメリカンの描き方を見ると
この監督はいわゆる「アメリカ人良識派」の人なんだろうな、と思う。
(「良識派」がそのままアメリカの多数派とか権力者とは
イコールではないけど)

だからハリウッドらしい娯楽作品に仕立て上げながら
その中に現代にも通じる社会的メッセージを入れてても全然おかしくないと思う。
ただそれが直接的にイラク戦争に対するものかどうかは
脚本とかの準備期間を考えるとどうなのかな、とは思うけど。


36 :名無しさん:03/12/16 04:19 ID:anReTEeh
今週末に映画見たアメリカ人何人かに聞いたけど
戦闘での勝元達の突撃シーンが
イラク関係のテロ攻撃を思わせるような感じは
全然なかった、って言ってた。


37 :名無しさん:03/12/16 05:07 ID:anReTEeh
>>32
映画公開前にトムが来日した時のインタビューで
「この映画は日本人へのギフトだ」って言ったって聞いた時は
正直「ハァ?」って思った。
ビジネス用のリップサービスにしても
ちょっと調子良くない?みたいな。

でもまあ今はなんとなくその言葉が
素直に受けとめられる感じではあるね


38 :名無しさん:03/12/16 05:12 ID:nVKLRTJa
この映画あまりにも批評が極端によい、悪いと2分化してるので
実際に見に行ったけど最悪。ワシントンポスト共同通信あたりが
酷評してるのは最も。知的知識人からみたらお粗末過ぎる。
中学生くらいの教養のアメリカ人にはうけるかもしれないけどね。

アメリカ人ひーろーを作り上げるために日本の文化を利用するなっていいたい。
それも安っぽい文化にして。腹が立つ。

だいたい真田にしてもほかのサムライたちも人相が悪くて品が悪すぎ。
日本の武士はみな品がいい。徳川慶喜の写真なんか見たら本当に高貴な
顔してるよ。あの映画の中のサムライはただのけんか好きなチンピラにしか見えない
じゃん。真田の演技も品が悪すぎて気分悪くなった。
トムに向かってつばを吐いたり、、、さむらいのこどもたちが
ちゃぶ台で行儀悪く食べてたり、、なんでサムライの嫁が
そとで裸で行水するの??これってアジアのほかの国のあのころの
田舎の風景だろ。日本以外のアジアの国には風呂に入るという週間なんて
なかったんだよ、、みな週一の割合であの映画みたいに行水する。
日本人はきちんと風呂沸かしてちゃんと風呂に入ってた。

日本の江戸末期、明治維新のころの貧しい農村風景を舞台にして
これがいかにも侍の生活だみたいな描写はやめろ!っていいたい。
武士の質実剛健の生活が単なる貧しく汚い生活だっていう勘違い
生むだろうが!!!


39 :名無しさん:03/12/16 05:13 ID:nVKLRTJa
習慣のまちがい、すまそ。

40 :名無しさん:03/12/16 05:17 ID:anReTEeh
>>38
そりゃ細かいこと言ったらツッコミどころ満載だよ。
吉野の山からまるでお隣さんチに来るみたいに
突然サムライの集団が横浜に現れたりするしw

41 :名無しさん:03/12/16 05:19 ID:aU6bAwLH
決めた今週はお風呂習慣にする。

42 :名無しさん:03/12/16 05:25 ID:anReTEeh
>>38
>知的知識人からみたらお粗末過ぎる。

何をもって「知的知識人」っていうかだよね。
いちお今まで「良かった」って言ってたアメ人の二人はハーバード、
一人はMITだよ。酷評してたのは黒澤オタのルーマニア人は
どっちでもないけど。
ハーバードで東洋史やってるような人間がどういう感想持つかは
興味あるね。今度会ったら聞いてみるよ

43 :名無しさん:03/12/16 05:48 ID:gTqBtKL0
>>42=れもにぇ=あさこしほり

巨顔は本日もがむばっております

44 :名無しさん:03/12/16 06:07 ID:HJ7PvP78
>>42
だか〜〜ら〜〜! そういうハーバードやMITあたりのまともなアメリカ人に
日本の武家の文化を間違って解釈されたりするのがいやなわけよ。
アメリカ人にとってはおもしろいわな、この映画。単純に
ちゃんばら映画としてみたらね。
それでなくても一般のあめりかじんにとっちゃ、日本も中国も
台湾もベトナムも韓国も一緒くたなイメージ持ってるやつが
ほとんどなのに。そういう一般大衆があの映画見ると
貧しいアジアの農村の風景にしかみえないだろう。

あのころの日本と他のアジアの国の一般の町や農村の風景を
比べた写真がネットで出回ってたけど一度見てみろよ。
いかに、日本が欧米並みに(いやそれ以上だと
当時の白人宣教師たちの日記にも記録されている)
清潔で洗練された国であったか。
あの時代あたりまえのように欧米列強に植民地化にされて
奴隷化されていたほかのアジアの国と違って日本は植民地
になるどころかこの先欧米列強を打ち破っていくんだから。

45 :名無しさん:03/12/16 06:16 ID:spS6t2Wi
>貧しいアジアの農村の風景にしかみえないだろう。

俺は村の整然としたたたずまいや、極度なまでの清潔さ、
村人の礼儀正しさなどが強調されていたと思うのだが。
実際元豪族武士の隠棲の場としてはあんなもんでは。

映画の中でも渡辺謙は東京にも屋敷をもっていて、
そこはものすごく立派な日本家屋だったしね。
あれは隠棲している村であって、あんな感じでいいのでは。

46 :名無しさん:03/12/16 06:20 ID:anReTEeh
>>43
人違い

>>44
>だか〜〜ら〜〜! そういうハーバードやMITあたりのまともなアメリカ人に
>日本の武家の文化を間違って解釈されたりするのがいやなわけよ。

まああの行水場面とか、あまりにもヘンっぽいとこは
俺があとで修正説明しといたけどね。w

あとそういう「まともな」アメリカ人はさすがに

>日本も中国も
>台湾もベトナムも韓国も一緒くたなイメージ持ってる

ってことはないよ。

>いかに、日本が欧米並みに(いやそれ以上だと
>当時の白人宣教師たちの日記にも記録されている)
>清潔で洗練された国であったか。

そういうあたりも結構ちゃんと知ってたし。

47 :名無しさん:03/12/16 06:26 ID:anReTEeh
>>45
>俺は村の整然としたたたずまいや、極度なまでの清潔さ、
>村人の礼儀正しさなどが強調されていたと思うのだが。

俺もそう思った。「鍛錬を怠らない武士達と勤勉で温和な住民達」っていう
イメージが強調されてて、ちょっと誉めすぎなんじゃ?・・と
こそばゆく思ったぐらい。

そのへんを「ちょっと良く描かれすぎだと思った」って友達に言ったら
「そう?」って意外そうだった。
彼ら(アメ友人)のイメージでは、あの住民イメージと現代日本人イメージって
そう変わらないものらしい




48 :名無しさん:03/12/16 06:34 ID:anReTEeh
トムが泥つきの土足でズカズカと家に上がり込む場面では
周囲で「オオ〜」みたいな小さい声が上がってた。
つまり「日本家屋内では靴を脱ぐ週間、じゃなくて習慣なのを
周囲のアメリカ人は既に知っているのが多いんだな、と思った。

49 :名無しさん:03/12/16 07:59 ID:spS6t2Wi
>彼ら(アメ友人)のイメージでは、あの住民イメージと現代日本人イメージって
そう変わらないものらしい



それこそまちがっているのー。

50 :名無しさん:03/12/16 10:06 ID:anReTEeh
>>49
そうだね。でもまあ少なくとも俺の友人達は
「勤勉で温和で賢い」みたいな、
まあ現代日本では「チョト違う」、
俺には「良く描きすぎ」と思えるような
良いイメージのほうで誤解していたかもしれない。

まあそのあと、延々何時間も歴史やら明治政府やら、
現代日本との乖離やら、彼らの疑問に答えたりした内容まで
ここに書くつもりもないけれど、
でもそういう会話のきっかけがあの映画であった事は確かだな



51 :名無しさん:03/12/16 10:09 ID:MrOhp4NZ
last samurai BBS (あめりか版)
皆で盛り上げてみましょうーーー

http://www.the-movie-times.com/thrsdir/reviews/reviews2003.hts?thelastsamurai+view

52 :名無しさん:03/12/16 21:35 ID:KrB0u9/E
http://tanakanews.comd1216iraq.htm

ジャーナリスト、田中宇によるフセインをめぐる国際情勢

53 :名無しさん:03/12/16 21:38 ID:KrB0u9/E
http://tanakanews.com/d1216iraq.htm

リンク先訂正

54 :名無しさん:03/12/16 23:00 ID:BCmgvinX
スレ違いだったらごめん。
どこに書き込めばいいかわからなかった。
IMDbにて

渡辺謙は韓国人と言っております。(多分韓国人)

映画版のほうにも書き込んだんだけど、
モウおなかいっぱい。
http://us.imdb.com/title/tt0325710/board/threads/


55 :名無しさん:03/12/17 00:11 ID:hOMMIWhI
ふと、思ったんだけど
日本人が武士道的なものを失ったのは敗戦後のような気がする。
明治維新や大正デモクラシーは、武士道的なものを残した近代化
であると思う。

ところで、あの大村さんはモデルがいるのだろうか。明治維新での
一番の権力者は大久保だろうけど。私利私欲や情を切り捨てて理性
のみで、明治政府を仕切った観があるからちょっと違うような気が
する。そう思うと、ラスト侍は明治維新のころを描写したフィクション
でもないような気がする。どちらかというと、日本の精神を失いつつ
ある現代と明治維新を混ぜたような感じを持つ。

56 :名無しさん:03/12/17 00:22 ID:jKFYp4E0
>>55
いろんなキャラを混ぜ込んでいるよね。
岩倉具視とか。

57 :名無しさん:03/12/17 00:49 ID:f1wn7eX+
Another Parl Harbor,Kamikaze Pilot, Suiside Attack, Ground Zero
などと形容される、9.11の歴史的事件を、解明するために考えられ得る
パターンとして、次のようなことを想定してみることが可能かもしれない。

9.11→イスラム自爆テロ→カミカゼ→太平洋戦争期の末期の日本人の心理→
武士道精神→武士道精神の解明→武士道と近代政府を象徴する明治維新→
両者が対立した西南戦争。

単純化してみれば、こんなストーリーを展開できるかもしれない。
この映画の制作の動機がそこにあったと見れば、
制作者たちは現在の米国が対イスラムとの関係を真摯に模索している
とみることのできるのではないか。

58 :名無しさん:03/12/17 01:17 ID:jKFYp4E0
>>57
> イスラム自爆テロ→カミカゼ
> 太平洋戦争期の末期の日本人の心理→ 武士道精神

おいおい、なんでそうなるの?頭だいじょうぶ???
なんでも同一視するのは危険だ。

ラスサムが左翼映画であることには確かだと思うけど。

59 :名無しさん:03/12/17 01:20 ID:fR2YDf0L
>この映画の制作の動機がそこにあったと見れば

うう〜ん・・。なんかかなり無理があるような・・。
監督は単純に「武士道の美学」みたいなものに
ものすごく傾倒してた、ってことじゃないかなー。

俺、こっちで極東アジア史の
クラスとった時に知ったんだけど
日本の明治維新ってフランスやロシア市民革命と違って
「支配階級そのものが自らの特権を廃止、
投げうって体勢改革をした」ってことで
「革命としては特異な例」っていうふうに
こっちでは評価されてるみたいね。

政府樹立の功労者であった西郷が
起こした西南戦争については
そういう体勢改革の流れに取り残された
武士階級の不満の表面化でもあった、って感じで
かなり大きく扱っていた。

そういう「滅びゆく武士道の悲劇」みたいのを
監督は撮りたかったんじゃないだろうか。
なんかイラク自爆テロなんかとサムライを
重ねられると逆に話しが浅くなってしまう気がするよ






60 :名無しさん:03/12/17 02:37 ID:eazn/Fkp
>>59 支配階級そのものが自らの特権を廃止、、、、、、

アメリカの大学でこういうことをちゃんと教えるんですね。
祖父が生前 歴史の先生やっててこのことをよく強調してた。
日本の学校でもこういうこと、特に近代史を義務教育中にしっかり
教えるべきなのに今の日本の学校は一番肝心なことを全く教えない
からへんてこりんな左翼思想に染まる学生が増えてきて日本の
将来が心配だってよく言ってました。

武士階級というのはたしかに世界的に稀な存在ですね。
外国の貴族階級は贅沢三昧の生活があたりまえだったかれど
武士は特権階級でありながら常に質実剛健をモットーとし
自分を律し、主人(大名)のため、国のために常に命を捨てる
覚悟を持って日々生きていた人たち。彼らの存在があったからこそ
アジアの国で唯一欧米列強に植民地にされなかったし
されなかったどころか欧米列強と互角な国として生き残る事ができた
のではないでしょうか?

あのロシアのロマノフ王朝にしても
フランスのブルボン王朝にしても、王朝が庶民革命家によって
処刑、断絶されるという悲惨な結末によって革命がなされましたが
日本のあの時代、あれだけの大きな政権交代だったにもかかわらず
徳川家の人間を丁寧に扱いスムースに江戸城明け渡しにいたったこと、

国家の危機(内乱を起こしていると他のアジアのように
欧米列強の植民地にされてしまうという)のために武士たちが
自らの特権を捨てて
命をかけてくれたからこそあの危機をのりきれたのではないでしょうか?

このサムライの精神というのはその後の世界大戦の神風攻撃
などにも生きていたし、わたしはいまでも日本人の根底に
生かされていると思っています。日本の男性がんばってください。







61 :名無しさん:03/12/17 02:41 ID:OFUrzhUb
うおーーーー
明後日でファイナル全部おわるぞーーーーーーー!!!!!!
そんでもって卒業すんぞーーーーーーーーーヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
そしたらやっと
ラストサムライ見に行くんだ〜〜〜〜〜〜〜(*^-^*)

62 :名無しさん:03/12/17 02:49 ID:eazn/Fkp
>徳川家の人間を丁寧に扱いスムースに江戸城明けわたし、、、

やはり外国の貴族と違って日本の武士は庶民からも尊敬される
存在であったからというのも一理あると思います。
自分たちが汗水流してひもじい思いしてるのに
毎日金銀の食器で食べて、着飾ってパーテイーして遊んでばっかりしてたら
尊敬どころか憎悪の対象になるでしょう。


63 :名無しさん:03/12/17 02:59 ID:wG7qEXYZ
>>62
江戸後期における日本の武士の大半は貧乏だったから、贅沢は出来なかった。
物価は上がっても給料(禄高)は上がらず、札差し(米の両替業者)からの
前借りで、なんとかしのいでいたり。そのため精神主義に拍車がかかった面も
あるだろうし、なくして困るほどの特権ではなかったかも。

64 :名無しさん:03/12/17 04:16 ID:fR2YDf0L
>>60
なんだかまさしく俺が考えていたようなことえを
書いてくれてありがとう。
(神風うんぬんはチョトおいといてw)

>>支配階級そのものが自らの特権を廃止、、、、、、

>アメリカの大学でこういうことをちゃんと教えるんですね。

そう。俺はもともと歴史や歴史小説は好きだったけど、
明治維新そのものは「歴史の変遷」の一部として捉えてたから
上のような見方を提示されてハッとしたし、
改めて当時の日本が成し遂げた明治維新というものの
その産みの苦しみのようなものを見直した。
日本にいた時には気づかずに
アメリカで知った、というところが皮肉だけど。

映画の最後での天皇との天皇謁見シーンで
廃力を強制され苦悩する勝元、ああいうシーンを見て
ハーバードで東洋学だかをやっていたというこの監督は
俺と同じように、明治維新の成立過程やその実現に奔走したはずの武士達の
その後の体制との確執や苦悩みたいなものに
感銘を受けたんだろう、と俺には感じられた。

65 :名無しさん:03/12/17 04:27 ID:fR2YDf0L
ところで>>57ってマルチコピペみたいで
映画板のラスト侍スレでも全く同じ書きこみがあった。
できれば向こうにも俺の感想をレスしたいんだけど、
串規制で書きこめない。

どなたか書きこめるひと、>>58、60、64 を
向こうにコピペしてくれませんか?

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071457066/748

66 :名無しさん:03/12/17 04:54 ID:TiXNdxGI
雨人のふりをよそおって、
『真田って俳優素敵!』 だの 『渡辺謙最高!』などと
あたかも日本人を崇拝するような書き込みをしてかれらにオスカーをとらせましょう。
真田の映画での役名なんだったっけ?忘れた。
勝元の息子、いい味出してたな〜
http://us.imdb.com/title/tt0325710/board/threads/
http://www.the-movie-times.com/thrsdir/reviews/reviews2003.hts?thelastsamurai+view

>IMDbにて
渡辺謙は韓国人と言っております。(多分韓国人)
>>54
やめて下さい。 って感じだな。






67 :名無しさん:03/12/17 05:12 ID:wo/G6MGT
>>66ああ、たそがれ清兵衛だっけ?
確かに。良い味出してた。

68 :名無しさん:03/12/17 13:40 ID:u7PQ4niG
http://movies.yahoo.com/shop?d=hv&id=1808439546&cf=comm
>66 これも仲間に入れろ


真田はujioだった。
勝元の息子は忠信?


69 :名無しさん:03/12/17 19:16 ID:TlyJk2NP
>>65
貼ってきたよ。
(スレは二十二人目になってた)
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071650128/31-32


70 :名無しさん:03/12/17 20:47 ID:Ov7YlwXP
なんか誤解されている。
おれが言いたいのは、アメリカ人て単純だし、よほどの親日家でない限り
>>60のようなことは知らないし、アジアはすべて一緒くたにしているワケで
大衆を動員するための映画というメディアでこのテーマを取り上げようとすれば
>>57で書いたような図式がわかりやすいのだろうし、興行的にも成功
するためには、それなにの脚色をせざるを得ないだろうということ

この監督が、当然>>60の言っていることを理解しているとは思うが
その上で、敢えて現在の米国の戦時下における対のイスラムの関係について
今後どう対応するかを具体的に問題提示するとすれば、この当時及び太平洋戦争時
の日本史、戦前までの日本人の支配層の心に宿る武士道の精神びその心理構造
を解明する必要性があると考えたこと

>そういう「滅びゆく武士道の悲劇」みたいのを
>監督は撮りたかったんじゃないだろうか

その上で言わせて貰えば、それなら「ダンスウィズ」と同じプロットの二番煎じ
でしかなくなる この映画をいつものハリウッド映画じゃん、という批評になる


71 :名無しさん:03/12/17 21:04 ID:Ov7YlwXP
続けますけど、この映画において(すべての歴史物において)
詳細な史実のディテールをつつくのは全く無意味です。
映画はドギュメンタリーではなく、あくまでフィクション、
エンターテイメントとしての要素がなくてはならないのは言うまでもない

そしてその上で、何らかのメッセージを観客に伝えようとするのが名作といわれる
映画の大前提なのです。この映画を制作するために制作陣は黒澤の「七人の侍」を
参考、分析したようですが、かの映画史上に残る映画ですら、公開年(1954)年度
では、「二十四の瞳」、「女の園」につぐ、年度公開映画第三位の評価でしかなかった
これには理由があって、戦後の左翼思想が主導権を握っていた世論において、
「サムライ復権のメッセージ」と受け止められた七人の侍が批評家に叩かれた。
反戦メッセージバリバリの左翼作家、壺井栄作「二十四の瞳」が高い評価を得たのも
そのような時代背景がある、常に映画とは、その時代を反映する鏡なのです

72 :名無しさん:03/12/17 21:07 ID:FUTSzBPz
>>34
>>32-33 は 他スレからのこぽぺですよ。元ネタはこちら
ttp://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/9

>>22 >>34-36 >>38 >>42-44 >>57-60 >>70
参考までに
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/1
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/5-6
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/7-8
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/9

ttp://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1070146327/932
932 名前:名無シネマさん[] 投稿日:03/12/14 19:01 ID:+QxKF9lr
何度も言うが、インディアン虐殺はアメリカ人が最も触れてほしくない所

否定すると自らのアイデンティティーが崩壊する
ベトナム批判、原爆投下批判、黒人差別批判はいい、重たいがテーマになる
しかし、先住民の居る土地に、近代兵器で乗り込んできて先住民から土地を奪い、殺し、
虐殺した上に今のアメリカという国家が存在するわけで、これだけは触れたくない
それをこともあろうことか、日本をテーマにした映画で語ってきた (日本をテーマにしないと語れなかった・日本人に代弁させたとも言えるが)

これはアメリカの知識人・メディアにとっては許せない
そこで 「日本が第2次世界大戦でして来た蛮行」などと言う筋違いな論調になる
この映画の脚本も監督もアメリカ人であり、日本人が過去を比較されて非難される事など筋違いもいい所である
しかし、この映画の裏に隠された 先住民インディアン虐殺、土地強奪、反省 のテーマはアメリカ人が語るには、あまりにもタブーすぎた
そこで、日本人がエスケープゴートとして語り部役を押し付けられた、と言える



73 :名無しさん:03/12/17 21:19 ID:Ov7YlwXP
その上で言わせて貰えば、「ラストサムライ」は、単に日本史の一段階
を描こうとしたものではなく、現代世界にサムライスピリットを提示することに
よって、現在のアメリカが直面している(アメリカだけじゃなくて、アメリカ傀儡
国家すべてが直面している)対イスラム、それにつながるパレスチナ、イスラエル
さらにはあちこちで勃発している民族紛争の結果によるテロの頻発、この国際情勢
をいかに解決していくのかという命題に対して、正面から取り組もうと試みた
そういう映画であるのではないか、と私は言わんとしているのです。

その反論として、この映画は全くのメッセージ性の皆無の、スペクタクル娯楽映画
(パールハーバーもどき)であると感じる方もいらっしゃるだろうし、感じ方は観る人
それぞれ自由なのであって、それについては反論はしないけれど、俺とは無縁な人だし
これ以上話してもムダだとは思うね。

74 :72:03/12/17 21:28 ID:FUTSzBPz
>>73

>>72のこぽぺをさせていただいた者です。
本件に関しては総合スレでも色々な意見が出ているようですね。
貴方のご意見は興味深く拝読させて頂いてます。

此方の、スレ立て人が消えてしまい閑古鳥の鳴くスレにて議論を継続してもいいんじゃないでしょうか。
ラストサムライVSイスラム自爆テロ
ttp://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/




75 :名無しさん:03/12/17 21:49 ID:H3QQp5+p
http://www.sankei.co.jp/news/031217/evening/e18int001.htm

「ラスト・サムライ」渡辺謙に絶賛の嵐 「本当の主役は彼」

76 :65:03/12/17 23:34 ID:fR2YDf0L
>>69
おおー、ありがとう〜!

77 :65:03/12/17 23:52 ID:fR2YDf0L
ちなみに俺のこのスレでの書きこみは
>>20-22,
>>35-37 >>40, 42, >>46-48. >>50
>>59 , 64


>>70
>その上で、敢えて現在の米国の戦時下における対のイスラムの関係について
>今後どう対応するかを具体的に問題提示するとすれば、この当時及び太平洋戦争時
>の日本史、戦前までの日本人の支配層の心に宿る武士道の精神びその心理構造
>を解明する必要性があると考えたこと

俺は>>35 にも「だからハリウッドらしい娯楽作品に仕立て上げながら
その中に現代にも通じる社会的メッセージを入れてても全然おかしくないと思う。」と
書いたように、映画自身に「異文化に対する相対価値観の視点」のような
現代に通じるメッセージがこめられているだろう、という事に別に異論はない。

けれども>>57にように
この映画製作の「監督の動機」に
「イスラムと米国との関係を模索」する目的がまずあって、
その手段として「日本の武士道解明を試みた」っていう論旨にまでなると
「ハァ?」って思ってしまった。
「オイオイ、それはちょっと逝き過ぎなんじゃねえの?」みたいな。

大学時代の東洋学専攻や「七人の侍」から
インスピレーションを受け、その頃から映画化の夢を暖めていたとしたら
「(>>35)ただそれが直接的にイラク戦争に対するものかどうかは
脚本とかの準備期間を考えるとどうなのかな、とは思うけど。 」ってなる。

もちろん監督の「本当の製作動機」なんて本人にしか
わからないことだし、そういう可能性が全くないとは
言いきれないだろうが。


78 :名無しさん:03/12/17 23:59 ID:wG7qEXYZ
漏れはどちらかというと『ラスト・オブ・モヒカン』を連想していたわけだが。

79 :65:03/12/18 00:01 ID:p3xf0ltd
>>そういう「滅びゆく武士道の悲劇」みたいのを
>>監督は撮りたかったんじゃないだろうか

>その上で言わせて貰えば、それなら「ダンスウィズ」と同じプロットの二番煎じ
>でしかなくなる この映画をいつものハリウッド映画じゃん、という批評になる

娯楽風味で大衆に受ける「いつものハリウッド映画」でいいじゃない。
「ハリウッド映画」でありながらここまで日本文化を
理解しようとした映画、ということで俺の中では
「いつものハリウッド」ではないけれど。

明治政府樹立過程における日本の内乱崩壊寸前だった状況は
映画からはわからないけど、
政府体制側の元武士達の葛藤らしきもの
勝元に介錯を頼んだ元武士の政府高官とか
最後の戦闘での政府軍士官(たぶん元武士)の涙などに
「大義に生きた男達の哀しさ」のようなものが
勝元側だけでなく、政府側の人間からも伝わってくる。

こういう元武士達の覚悟というか、
つまり「武士道」は(一部の)西欧の人間にとっては
「ノーブレス・オーブリジ」に
共通したものを思い起こさせるのではないかと思うし
「自らの特権を廃棄してまでの体制改革」というメッセージだけでも
昔の貴族ではない、現代の「支配階級」への立派なアンチテーゼというか
メッセージになりうるだろう。

その「支配階級」をブッシュやアメリカングローバリズムと
それに付随したイラク関係と読み替えるのは
全然構わないだろうが、「俺は」あくまでもそれは
「普遍的なメッセージの時代と場所を超えて伝わる力」をもってして
「付加価値的に出てきたもの」ではないか、と思う。

とにかくこの映画は単なる娯楽から異文化理解に至るまで
いろんな視点からの見方が可能で
そういう意味ではよくできた映画だと思う、という結論にはなる罠




80 :名無しさん:03/12/18 00:04 ID:p3xf0ltd
>>78
俺はBorn on the July 4th,
ダンス ウイズ ウルブスもそうだけど
ダスティン ホフマンの「小さな巨人」あたりも思い出した


81 :名無しさん:03/12/18 00:07 ID:p3xf0ltd
これな。「小さな巨人」
カスター騎兵隊に虐殺されたインディアンに育てられた男の話し
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5869/story.html

82 :名無しさん:03/12/18 00:09 ID:p3xf0ltd
>>74
他スレに書きこみたくても
北米・海外板しか書きこめないしなー


83 :名無しさん:03/12/18 00:43 ID:BmVvaE6A
>>73
IDがWindowsXPだ。かくいい。

84 :名無しさん:03/12/18 01:09 ID:frRqClss
65はぜってー本国の日本人だね
だってw
日本人くささがプンプン

85 :名無しさん:03/12/18 01:12 ID:BmVvaE6A
>>84
すまん、漏れにはどうして日本人臭さがぷんぷんなのかわからん。解説してくれないか?

86 :名無しさん:03/12/18 01:31 ID:xAdnTbGV
結論

研さん、かっこえぇ。

87 :名無しさん:03/12/18 01:51 ID:frRqClss
>85 いいよ!
まず海外に住んでたらなんだっけ?ノーブレスなんたらなんて思わないよね。
これは現代サラリーマンが仕事に疲れて、異文化にで癒される映画の類だと
誰でもわかる。ビリークリスタルのシティスリッカーズとかハリソンフォードの
5で伊豆6ナイトとかといっしょだもん。
次にそんな不か読みしないよ。ただただ日本語が懐かしかったなー。。でも
これでまた日本が間違がわれるんだよなーぐらいです。
夜中アルプスの少女ハイジの特別6巻組みビデオ販売で「口笛はなぜ〜〜♪」
って聞くだけで日本を思い出してうるうるして、小雪とやらの(あれ日本人?)
演技見てただただ感動するのが普通だとおもうんだが・・・。

88 :名無しさん:03/12/18 02:19 ID:frRqClss
君の文章みてると、「こいつら海外移住者だから特別にいいことをかいてやろう!」
ってのが悪いけどみえみえなんだもん(ごめんね)
別に優れてるから海外に住んでるわけではなく、たんに人生の綾なんです^−^

あなたみたいな文章は悪いけど窮屈でね^^
でもすぱっ! といわれたほうがいいでしょ? よけいなお世話? だから日本を離れてたりして・・・w

89 :名無しさん:03/12/18 03:06 ID:V1ED7Xt6
>>現代世界にサムライスピリットを提示することに
よって、現在のアメリカが直面している(アメリカだけじゃなくて、アメリカ傀儡
国家すべてが直面している)対イスラム、それにつながるパレスチナ、イスラエル
さらにはあちこちで勃発している民族紛争の結果によるテロの頻発、この国際情勢
をいかに解決していくのかという命題に対して、正面から取り組もうと試みた
そういう映画であるのではないか、と私は言わんとしているのです。

それは俺は結構有るだろうなー、とおもっている。
だからトムが「インディアン虐殺に苦しむ過去が有る」
=過去の過ちを反省する良識派アメリカ人。
という設定なのだろうし、
そういうアメリカ人代表トムが、最後はアメリカの武器で倒れた武士の村
に再建協力するために、戻ってくるわけ。

アメリカの正義として、正しいやないか?
敵の生き様の正当性にシンパシーを感じながらも、
時代の趨勢としての彼等の崩壊を防げない。
ブッシュの戦争はこれに当たる。つまりイスラム原理派の崩壊は、
アメリカが破壊したのではなく、時代の要請をきちんとつとめただけで、
仕方が無かったというエクスキューズも見えかくれする。
しかしアメリカ国民の「心情」としては、
トムのように相手を理解して、尊敬している面もある、
だけど大きな時代の変化としては、イスラム原理派は破滅するしかないのであのであーる。

んで、破壊後にのこったおんな子供の面倒は、
俺が見るよと、トムが言う。

なんだかなーだけど、そう言う風にも見えるなあ。


90 :名無しさん:03/12/18 04:41 ID:lMDQF5s/
>>87 わたしは海外在住ですが海外に住めば住むほど母国日本を
あたらめて思いあらためて日本人であることをよく考えるようになりましたよ。

ノーブレス オーブリジについてですがイギリスの貴族階級には
いまでもこの言葉が生きているしイギリスの貴族にはこれがあったから
7つの海を支配できたのかもしれない。日本の武士道に少し似てるかもしれないと
思います。ただ、イギリスもダイアナ妃が貴族のノーブレスオブリジの価値を
低めてしまいかつての大英帝国も最近は超一流国家から遠のいた気がする。
日本もこの精神を失われてきてしまっているようで心配です。


91 :名無しさん:03/12/18 05:06 ID:4awRWElJ
>ノーブレス オーブリジについてですが

日本にはこの精神ないよな
むしろ、上に行くほど「義務」より「権利」を主張する傾向にある
ろくに働かない政治家、接待は当然だと思い込んでる企業幹部

>イギリスもダイアナ妃が貴族のノーブレスオブリジの価値を低めてしまい

ダイアナが貴族になるには庶民的過ぎるっていう批判なら理解できるけど
そこまで持ち上げるほど、英王室なんてたいした事ねーだろ
王室スキャンダルなんて今に始まったことじゃないし、
何を世間は奇妙な妄想もっとるのかしらんけど、、、、

世界で一番英王室愛してるのって、日本人とアメリカ人だろ?ある意味で

92 :名無しさん:03/12/18 05:07 ID:lMDQF5s/
この映画についてはちょっと、、、。
私も映画見ながら自爆テロやインデアンを連想しました。

わたしは日本の武士道っていうのはとても高貴なものだと誇りに思ってるので
なんかアメリカのフィクション娯楽映画に安っぽく利用されたのは
不愉快です。アメリカの一般大衆なんてここでみなさんが語ってるような
ことなんて何にも考えずにみてるだろうから
侍の妻が夫の敵でありおまけにアメリカ人に色目を使って誘惑するなんて
ことまちがってもしてほしくなかった。
第二次世界大戦までは日本人は西洋人のこと毛唐などとよんでたくらい
日本人は日本人としてのプライドを持ってたはずなのに。

ああいうシーンを見てると、蝶々婦人=日本の女=簡単に落ちて捨てられる
みたいなイメージをますますアメリカ人に与えてしまうようで不愉快でした。

アメリカ人女性ですら、夫の敵の男を誘惑するなんて節操がない
って批判してましたから、、、。

93 :名無しさん:03/12/18 05:14 ID:lMDQF5s/
第二次世界大戦に沖縄の乙女たちが、米兵に強姦されるくらいなら
とみな崖から飛び降り自殺したようにあのころの一般の日本人女性
ですらそういう貞操観念持ってたのにましてやサムライの妻が
、、、って感じしませんか??
米人に誘惑されそうになって舌かんで死ぬくらいの演出して欲しかったな。
時代劇の見すぎかな。

94 :名無しさん:03/12/18 05:20 ID:4awRWElJ
>あのころの一般の日本人女性 ですらそういう貞操観念持ってたのに

ありゃー、貞操観念じゃなくて
ただ単に、そう教え込まれてただけ。
悪いけど、日本の女性が貞操観念強いなんて聞いたことないよ

95 :名無しさん:03/12/18 07:03 ID:wtKqvvJo
今の日本人女性であの時代の女性ほどの貞操観念持ってる人さがすのは
難しいかも知れんけどね。しかし少なくとも
あの時代まではそう教え込まれたとしても命を捨ててでも
守ろうとした観念を持っていたことは事実でしょう。

96 :名無しさん:03/12/18 08:36 ID:4UwFmfkU
私は逆にアメリカに来て貞操観念持ってる人が多い事に驚きました。
(バイブルベルト地帯にすんでいたので)
それに影響される部分はありますね。

>命を捨ててでも 守ろうとした観念
洗脳という意味なのでしょうか?宗教的な考え方だと思います


97 :名無しさん:03/12/18 09:27 ID:tWCQldlI
日本女性の貞操観念が強かったのは明治初期から1960年代までの70年程度だよ。それ以外の千数百年はフリーセックス。

98 :名無しさん:03/12/18 09:28 ID:tWCQldlI
80年か?まあいいや。

99 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/18 09:42 ID:b0LCkis1
>>97
そうそう。もっとも上流武士階級は江戸時代でもそれなりに規律があったと
考えてもいいと思うが。性に限らず、日本の歴史で一般大衆が病的に道徳的に
なったのは、昭和初期の特異な世情と言われてる。

今そのあたりが潔癖なのは、キリスト、イスラムの両原理主義...
”いいセックスをしてる時に、戦争しようと思うか?”と言った
某作家は正しかったのか?(藁)

100 :名無しさん:03/12/18 10:14 ID:jZ5eV61P
Lord of The Ringsはさすがの出来だったな!
200分はさすがに長く感じたが、大満足だったぜ。

101 :名無しさん:03/12/18 10:24 ID:Dbz1R72g
民間人虐殺を目的としたイスラムの自爆テロと
日本の神風特攻隊を一緒にすんなよ。

102 :名無しさん:03/12/18 10:36 ID:Dbz1R72g
>>90
>イギリスもダイアナ妃が貴族のノーブレスオブリジの価値を
>低めてしまいかつての大英帝国も最近は超一流国家から遠のいた気がする。

英国が超一流国だったのは100年前までで、
その後の失墜とダイアナさんは関係ないだろ。

英国が失墜した理由のひとつに、
アジアを植民地にしていた英国を、第二次大戦でアジアから追い出した日本の存在があり、
だからイギリスは微妙に反日なわけだが。

>>92
日本女性の貞操について言わせて頂きたいが、
なんで貞操を守る事は正しいと見なされているかが問題。
キリスト教が入ってきたからなんだよね。
つまり女性に貞操を求めたのはキリスト教であり、欧米人なの。
キリスト教徒たちが貞操を重視した理由は、
そもそもが自分たちの女性蔑視が原因。
男は貞操守らなくていいが、女性は守るべきだなんておかしいだろ、昔も今も。

第二次大戦前の日本人が欧米人を「毛唐」と言ったのはプライドが高いからではなく、
単に見慣れなくて獣っぽく見えたからだと思うよ。つまりれっきとした差別意識。
白人が有色人種を蔑視した場合とえらく変わらない。
今「毛唐」と言わないのは、日本人が白人のことを知って、
差別意識がなくなったからで、それはれっきとした「教養」の部類。
差別意識を表に出す奴が無教養なのは人種問わずだと思うね。

103 :名無しさん:03/12/18 10:37 ID:kvEyGdQe
>101
一緒ぢゃねーの?w

104 :名無しさん:03/12/18 10:39 ID:Dbz1R72g
>>92
>アメリカ人女性ですら、夫の敵の男を誘惑するなんて節操がない
>って批判してましたから、、、。

アメリカ人女性ですらって……
貴方の道徳基準てアメリカ人なんだ?
それか、アメリカ人は貞操観念なくて当然という蔑視?>>96

>>96
>>命を捨ててでも 守ろうとした観念
>洗脳という意味なのでしょうか?宗教的な考え方だと思います

キリスト教のね。

105 :名無しさん:03/12/18 10:41 ID:Dbz1R72g
>>103
戦争での戦闘行為と民間人虐殺テロは別だろう。
なんで一緒だと思えるの?
自殺行為であるという点しか一致してない。

106 :名無しさん:03/12/18 10:47 ID:Dbz1R72g
「ラストサムライ」の考証はわりかし正確。
もしも敗因があるなら、間違った時代劇ドラマの見過ぎで過去の日本を
誤認しているがゆえの日本人たちの突っ込みどころ満載な点。
あと説明不足の点だな。
勝元たちが列車を襲ったのは、突貫工事で無理矢理立ち退かされた
付近住民の泣訴を受け入れたものだったが、映画では判りづらくて、
単なるテロ行為に感じてしまう。
「アラビアのロレンス」にも、ロレンスたちが列車を襲うシーンがあったが、
あれこそをテロと言うべきだ。
戦利品を欲しがったアラブ人たちの為に、無辜の民間人である列車の
乗客を皆殺しにしたのだから。

107 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/18 10:59 ID:b0LCkis1
>>102
おいおい...江戸時代、武士は自分の奥さんが他の男とやっちゃったら
切り捨てていいわけだったのだが、あれもキリスト教かいな?
権力や宗教による秩序、規律を重んじる支配になると、性も自動的に規制
されてしまうと考えるといいのでは?そしてそれは人種を問わないし、また
支配者が男性であることがほとんどなので、女性の権利を規制してしまう。
イスラムには一夫多妻制があったし、アフリカでは貞操を守るために
クリちゃんを切ったり、マンマンを縫ったり(残念ながら今でも)してる。
日本の戦時中は”この非常時に〜”で禁欲w


108 :名無しさん:03/12/18 11:01 ID:WufXJ6l9
>>102さん 90,92です。

英国の失墜の原因の一つに日本軍による、、、、
などすべて全く同意ですが、書くのめんどくさくて
いきなりダイアナ妃に話を結び付けてしまいましたが
英国の衰退の一因に日本軍の、、、はもちろんですが
それプラス ダイアナ妃の言動は英国貴族のノーブレスオブリジ
の凋落の典型的な例のような感じがするのです。
あと毛唐の話も全く同意。
貞操観念についてはなるほど〜〜です。



109 :名無しさん:03/12/18 11:44 ID:CsRaccQ2
昔の日本はダブルスタンダードで、
武家社会では高い貞操観念が求められたが、
農村や公家の世界ではかなりルーズであった。
祭りにおける隣村との接触などで、
純潔化による遺伝的問題が起きることを防いだという説もあるくらい。

110 :96:03/12/18 11:58 ID:hIn1LITz
>>104
アメリカに来る前は日本人に比べるとアメリカ人の方が貞操観念ない
と思っていたんです。(映画やドラマの中のアメリカしか知らなかったので)
日本人と比べるとアメリカ人の方が貞操観念を持った人が多くて実際は吃驚したんです。
(場所柄もあったとおもうのですが)

>>命を捨ててでも 守ろうとした観念
>洗脳という意味なのでしょうか?宗教的な考え方だと思います

キリスト教のね。

これは、キリスト教だけではなく、全ての宗教にあてはまることだとおもいます。
アラーの神に命を捧げたイスラム教徒(テロ)だって
御国の為に命を捧げた神道者(神風)だって


111 :名無しさん:03/12/18 12:36 ID:kvEyGdQe
うんにゃ
アラーの神に命を捧げるなんて思想ぢゃないよ
ヒーロー或いはヒロインになって名を残すっていう
もっと俗っぽい理由だな
特攻した連中だって
どれだけ純粋に「御国のために」って自爆していったか
話をあんま美化すんのは
あんべぐねーっぺよ
三流映画ぢゃねーんだがらよ
つーことで
自爆テロ=特攻隊

112 :名無しさん:03/12/18 12:47 ID:OexKbSth
ラストサムライVSイスラム自爆テロ
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/

113 :名無しさん:03/12/18 12:51 ID:OexKbSth
【買春で終身刑】日本人3人を国際手配【中国】
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1071639501/

【国際】日本人旅行客の集団買春騒動で、中国人2人に終身刑
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1071637970/

【国際】買春で日本人3人を国際手配…中国
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1071638458/

114 :名無しさん:03/12/18 13:30 ID:OexKbSth
【極東板】ラストサムライはイイ!4【住人必見】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1071649451/84

84 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:03/12/18 12:23 ID:aRk/GBOq

沈黙・謝罪から自己主張へ―日本からの発信 日本語・英語対訳スピーチ集
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817405562/qid=1071413254/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-6773509-4820247

日本語・英語対訳スピーチ集 謝罪から 自己主張へ 佐藤仁 古屋武夫 日新報道 1400円
以下、宮崎正弘さんのメルマガより

この本は日本語vs英語 対訳のスピーチ集だが、外国へお土産に持っていく運動をしたらどうだろうか、と思うほど出色の本である。
最近、こころある人たちの善意で東京裁判から南京大虐殺の真実まで英語での反論が多く出てきた。
加瀬英明さんは英語で特攻隊(神風)を単行本で上梓されたが、いま数カ国語に翻訳されているという。
そうだ、日本人は主張する時代になったのだ。何時までも有りもしなかったことに謝罪するという卑屈さから脱却しなければいけないのだ。
本書の特色は真珠湾攻撃、南京大虐殺、731,東京裁判、歴史教科書、従軍慰安婦などの諸問題に、
いかに英語で反論を効果的説得的に行えるかのディベートサンプルとなっている。
通読して「731部隊」のところだけ、少しつかえたが、他の箇所はおおむね可。
アメリカ人に対して自信をもって、日本人がスピーチできますよ。
また在米経験が長いゆえに著者らが遣っているボキャブラリィが非常に強いニュアンスの言葉を効果的に駆使されている。
小生、アメリカ人とのディスカッションは得意でなんといっても七年間も英語の番組までもっていた。
向こうのラジオ番組にもよく出てきたけれど、そのときのボキャブラリィと本書の英語はまったく違う。
この本、本当に現場のディベート用テキストとしても良いと思った。

115 :名無しさん:03/12/18 14:24 ID:KwaKQgOe
>>97
フリーセックスてどういう意味よ、昔もちゃんとその環境に即したルールは会ったよ。
そうでないと社会秩序は維持できないからね。


116 :名無しさん:03/12/18 14:29 ID:KwaKQgOe
>>92
自分の夫を殺した男と出来るなんなて、貞操観念とか社会環境以前に
人間の普遍的感情として間違ってるだろう。
まさに人非人。
文化とか貞操の問題として語る以前の問題じゃないか。
性にルーズな今でもそんな女、最低だろう、人間として。
あれは当時の貞操観念の問題として語るような事例じゃないだろうな。


117 :名無しさん:03/12/18 14:30 ID:KwaKQgOe
>>109
日本以外でも、前近代社会は似たようなもんだろう。どこでも。


118 :名無しさん:03/12/18 14:43 ID:bvgYCy8/
江戸時代、外人さんの世話をした、唐人お吉は自殺したわけだが、たかは自殺しないのか。
あれって、婚約者が武士だったんだっけ。
それで婚約解消されて自殺したんだっけ?
それとも、周りの人に差別されて自殺したんだっけ?
それとも、あの人元々芸者かなんかだったか?
おぼえてないや。


119 :名無しさん:03/12/18 20:08 ID:GfemlRRv
>>107
実際に斬り捨てる奴なんかいなかったよ。いたら乱心者。
江戸時代は紙の上での約束事は一杯あったが、実際にはそれほど守る必要もなかった。
犬公方の生類哀れみ令もね。

>>110
>これは、キリスト教だけではなく、全ての宗教にあてはまることだとおもいます。
>アラーの神に命を捧げたイスラム教徒(テロ)だって
>御国の為に命を捧げた神道者(神風)だって

命を捨てる事と、人質を取ってもろともに玉砕して意趣返しするのとでは違うので、
テロを同列に置いて欲しくないなぁ。

>>118
唐人お吉は外国人とまぐわったから自殺に追い込まれたわけではない。
そもそもハリスのもとに送られた女性は吉の他にもう一人同僚のふくがいた。
しかも春をひさぐ役目ではなく、隊長を崩していたハリスのただの看護婦とか女中みたいなの。
ハリスは貞操堅固な人で、彼女らに指一本ふれなかったし、
そもそも吉は三日でハリスの元から去っている。
彼女の末期が悲惨なのは、酒乱がたたかって身を持ち崩し、借金を背負い、
物乞いにまで身を落としたのちに身投げしたからで、
同僚のふくは普通に幸福な生涯を終えてる。
幕末や明治に来日した外国人と結ばれた日本人は一杯いて、男女問わず。
明治8年に来日したアメリカ人少女は勝海舟の三男と結婚したし、
同じ頃に来日したハプスブルクのクーデンホーフ伯爵は、骨董屋の娘、
青山光子を見初めて正式に結婚し、本国に連れ帰っている。
関係ないけど欧州統合運動を起こし、EUの父と呼ばれている
リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギー伯爵は、この青山光子の次男で東京生まれ。

120 :名無しさん:03/12/18 20:10 ID:GfemlRRv
隊長を崩していた×
体調を崩していた○

その他誤字失礼。

121 :名無しさん:03/12/18 20:18 ID:GfemlRRv
>>116
戦国時代にはよくあった事だ。
和洋問わず。

まぁ、あのちゅーシーンはいらなかったと思ってるけど。

122 :65:03/12/18 20:19 ID:p3xf0ltd
>>84
「本国」って=どこのこと?って思ったら
「日本国内」って意味か。

>日本人くささがプンプン

日本人だもん、当たり前じゃん。
>>87の煽りにしても酔っぱらいオヤジがクダまいてるような
ワケわからん煽りだし。


123 :65:03/12/18 20:21 ID:p3xf0ltd
まあ俺が日本から書きこんでると思うんなら
そう思ってれば?
とりあえず今週末は
The Lord of the Rings 見に逝くワケなんだがな

124 :名無しさん:03/12/19 00:06 ID:KoJjxFgT
たかがアルグレンに惹かれていったのは
死んだ夫と、サムライとして戦いに行くアルグレンとを
重ねていたからじゃないの? べつに誘惑していたようには
みえなかったけどなあ。

125 :名無しさん:03/12/19 00:09 ID:f0/inVm1
>>111
テロと戦争中の神風特攻って全然別物じゃん。
同列に語れないよ。

特攻はあくまでも「戦争中のフィールド」での出来事だし
テロはそういうはっきりしたフィールドがない場所で突発的に
民間人を巻き込むことを前提にしているわけでしょ。

一人一人が名誉か、精神かどう思ってたかなんてのはわからん。


126 :名無しさん:03/12/19 01:06 ID:Frkhf36f
あのシーン、見つめあって涙流すだけで、
キスはしない方が、もと濃くて良かったと思うんだけどね。

少なくともベッドインしなくて良かったよ。


127 :名無しさん:03/12/19 01:11 ID:wdxKL+/M
>>124
自分の子供達がアルグレンに
なついていく様子を見て息子の父親みたいに
感じ始めたんじゃないかな。
あのへんからアルグレンを見る目も
優しくなっていった感じだし

128 :名無しさん:03/12/19 01:41 ID:wdxKL+/M
>>126
それか、出陣するために家を出ようとする
アルグレンの後ろからすがりつく子供。

その子供を引き離そうとしながら
思わずアルグレンの背中を抱き締めてしまうタカ。
ハっと降り返り、たかの手に自分の掌を重ねながら
肩越しに数秒見つめあう二人。

何も言わずに決然と視線をはずし
外を見つめるアルグレン。
そっと体を離し子供を抱きよせながら
サムライとして家を出てゆくアルグレンの後姿を
涙を堪えて見送るタカと飛源。

・・こーゆ〜感じが日本の情緒に訴えるんだけど
まあハリウッドだから仕方ないw





129 :名無しさん:03/12/19 02:37 ID:3E5wD0y4
>>128
漏れはあれでもハリウッドにしてはよく抑えたと感心していたわけだが。

130 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/19 03:34 ID:rJaQ1MOd
>>119
いや、切り捨ててよかった、という段階でそういう価値観が存在したという
証明にはなるでしょう?

イスラムテロも日本軍玉砕もオウム事件も基本的には皆似たようなもの。
物事が単純化されて、正と邪が個人なり組織なりの中で明確になった時に
人は善意で人を殺したり、自分の命を捨てたり、または周りの人間にそうする
ことを強いるようになる。支配の論理って昔からそんなに変わってないんだよね。

って、映画の話じゃないね。sage

131 :110:03/12/19 04:21 ID:DOJkyf0x
>>130
同感です

132 :名無しさん:03/12/19 07:21 ID:Frkhf36f
支配の論理のみならず、
人が命を賭して行為を行う時には、
何らかの理由が有る。

結果としては、テロは市民を巻ぞい、特攻は軍人だけがターゲットではあるけど、
死にに行く側の心理はかなり近いと思う。
残念ながら。
テロだって市民を殺したいのではなくて、
自分の国、親子ども、友人知人を守るために、
最後の選択をしたのだろう。
洗脳などいろいろの背景は有っても。

133 :65:03/12/19 07:58 ID:wdxKL+/M
>>132
>支配の論理のみならず、
>人が命を賭して行為を行う時には、
>何らかの理由が有る。

そうね。「大義の為に死ぬ覚悟」
それを常日頃の肉体と精神の鍛錬で
自分の血肉としてゆくのが武士道であるならば、
「散る桜の美しさ」に通じるその精神は
ある意味テロ思想犯やオウムにだってある、と言えてしまう。

だからこそ単に「命を捨てる覚悟」だけでなく
「いつか散るとわかっている桜の美しさをいとおしみ、命をはかなむ」気持ち
つまり「いかに生きるか、一期一会」をも強調してるような
監督の視点に俺は感心したわけ。

勝元だって最後の最後まで自分を体制と元武士との
挟間で葛藤しながら自分を抑え、
「いかに大義の為に生きるか」を模索したのだろうし。

けれども季節が移り変わるのを誰も止められないように
大きな時代の流れの中では勝元は散る運命だったのかもしれないし
また勝元自身もそれをわかって受け入れて死んでいったのだろう、と
「俺は」思う。

134 :名無しさん:03/12/19 08:37 ID:Frkhf36f
>テロと戦争中の神風特攻って全然別物じゃん。

そう思いたい心理と、そう思うべき大義は解る。
しかし戦時であれば、特攻隊員は
アメリカの一般市民が巻き込まれることを知っていても、
やはり特攻をしたと思う。
鬼畜英米、と洗脳されていたしね。
テロリストも、状況は同じとは決して言わないけど、
心理状態はかなり似ていたと思う。
自己犠牲によって同胞が救われることを望んだ。

悲しいことだねえ。それが歴史の真実だけに、
「いかに生きるか」はホント大事なことだわな。




135 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/19 09:33 ID:rJaQ1MOd
>>133
名レスである、と思う...


136 :名無しさん:03/12/19 09:33 ID:Tp0Z/fF7
>>130
>いや、切り捨ててよかった、という段階でそういう価値観が存在したという
>証明にはなるでしょう?

ならないよ。130氏の言では、死刑という制度がある以上、
国家は殺人を犯していいと言っているも同然だと言い張ってるようなもの。

武士に許されていたという切り捨て御免の制度も実際には、
「武士道とは死ぬ事とみつけたり」同然の詭弁的制度に他ならなかった。
↑この有名な言葉を、武士は死ななくてはならないのかと誤解する人がいるが、
実際は「武士は毎日も今日死ぬという心持ちで全力で生きなくてはいけない」
という意味。
武士の斬り捨て御免も、斬り捨てるならば自分が詰め腹を切る覚悟でやれ、
出来ないならするなという、死の覚悟を促すものだった。
腐女子を斬り捨てるにしても、「あの男は浮気した女房を殺した男だ」という
後ろ指を指される事を覚悟があるなら殺れ、出来ないなら許してやれってこと。
江戸時代の封建制の現れとされている制度のほとんどは「様式美」に過ぎなかった、
それを現代日本人は知らなすぎる。
当時、世界一治安の良かった国なのに。

137 :名無しさん:03/12/19 09:40 ID:lHFNO0es
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、映画の話に戻って、「王の帰還」を観た人はいますか?
サルマンはまったく出て来なかったわけなんですが、どうしてなんでしょう?
彼の役はそれなりに重要なパートをしめていたと思うのですが。

138 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/19 09:46 ID:rJaQ1MOd
>>136
待て待て...(^^; あなたのその解釈に反論するつもりも毛頭ないが
>>130は”貞操の観念はキリスト教が持ち込んだ”という説に対する反論。
俺はそういった価値観は秩序という名のもとに地域、人種を問わずにありますよ
と言いたかったわけで。

139 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/19 09:47 ID:rJaQ1MOd
ごめん、sage忘れた...映画の話題に戻ってくだされ。

140 :名無しさん:03/12/19 09:47 ID:yNerioRV
よく知りもしないで自国のことを貶め、よく知りもしない他国の言い分を持ち上げる、
これは売国奴と一緒だよ。

>>134
まず「命令系統」という点を忘れてはいけない。
命令する者がいて、それに従う者がいた。特攻隊は命令されて、
任務を遂行したわけで、テロリストもそれと同じであるといえばそうだろう。
ただ、戦時下、日本は「無辜の民間人を殺せ」とは命令しなかった。
殺った者がいたとしたら、それはそいつ個人の犯罪だ。
そこを忘れてはいけない。

オウムの麻原もイラクのフセインも穴蔵で発見され、捕獲された。
しかし昭和天皇は自分の地位と生命を賭けて、大戦を終結させた。
それを一緒にしてはいけない。
日本の天皇制は欧州の王家とは違う。
満州の愛新覚羅溥儀は日本軍の傀儡だったが、
日本の天皇もまた軍隊の傀儡だった事を知らなくてはいけない。
そもそも天皇というのは、奈良時代に不比等が作った大宝律令以来、
時の権力者の傀儡となる運命を義務づけられてきた。
藤原氏、平氏、鎌倉幕府、室町幕府、徳川幕府、明治天皇、大正天皇、
昭和天皇まで、全部時の権力層の傀儡にすぎない。
日本国民総自決の覚悟を決めていたあの大戦下、
傀儡だった昭和天皇が命をなげうって、国民を救おうとした事を忘れないでほしい。
結果として昭和天皇が死刑にならなかったのは、マッカーサーが
昭和天皇が傀儡であった事を知ったからだし、昭和天皇を処刑すれば、
いよいよ日本国民が最後の一人まで戦うだろうと畏れたからだ。
格が違うんだよ。
一緒にすんな。


141 :カナダ野郎 ◆EUjL.7vp9I :03/12/19 10:19 ID:rJaQ1MOd
>>140
>戦時下、日本は「無辜の民間人を殺せ」とは命令しなかった
うひゃひゃ...
愛国心のある日本国籍所持者として、こーゆー似非愛国者はどっかスレが
あればやっつけてやるのだが。北米板でどこかあれば誘導しておくれ。

とりあえず”大儀ある作戦の立案と実行の指示”と”作戦実行の結果”を分けて
考えるとよいな。悪事のために命を捨てるやつはあまりおらんのだ。常に自分の
正義を貫いて死んでいくものだろう...>>133-134を読んでみるといいよ。

142 :名無しさん:03/12/19 10:36 ID:ADvbGFHH
>>140
極論ですね。右翼意外の人間にあなたの言葉は
とどかないでしょうw

昭和天皇が生かされたのは法王の御陰もあるのに
『マッカーサーが昭和天皇が傀儡であった事を知った』
なんて随分身勝手な御解釈をなさること(藁


143 :名無しさん:03/12/19 10:44 ID:D6M2gjig
>>140に全く同意!!

141うざい


144 :名無しさん:03/12/19 10:48 ID:D6M2gjig
>>142 法王の御蔭、、ってあんたカソリック信者??
そんなとっぴょうしもない説持ち出すなんて、、秀笑!!!

その意見新聞とか雑誌に投稿してみたら??

145 :名無しさん:03/12/19 10:56 ID:4adbd8Y2
ん〜
「傀儡」だなどとこりゃまたご都合のよろしい解釈で
では現天皇はドチラの「傀儡」でしょか?
うぷぷ

146 :名無しさん:03/12/19 11:44 ID:zu9oepDD
>>134
> そう思いたい心理と、そう思うべき大義は解る。

いや、事実として神風特攻は物理的に敵にむかって
直接攻撃したわけでしょ?
結果として民間人を巻き込むことになっても
まあ仕方ないかという感じだったんでしょ?

テロは最初から民間人攻撃を前提にして敵にダメージを与える
間接的な攻撃のタイプだといいたいんだよ。

自分はそこに絡む人間心理については全く言及してないよ。
そんなもん知る由もない。できても推論にすぎないし。

> しかし戦時であれば、特攻隊員は
> アメリカの一般市民が巻き込まれることを知っていても、
> やはり特攻をしたと思う。

あまり説得力無いよ。
だからその時彼らがどう思っていたかじゃなくて
なににダメージをあたえるために
どのような手段方法をとったのかというは・な・し。
ひらたく言えば自爆テロと、戦争での奇襲は別物だということだ。
どっちがよくてどっちが悪いというのではなくて、別物だ。

>>140
激しく、同意しかねる。

147 :名無しさん:03/12/19 11:46 ID:4adbd8Y2
傀儡age
>>140はドチラの傀儡でしょか?

148 :名無しさん:03/12/19 12:05 ID:HKaeVvyU
やっぱり、あまり優秀じゃないのが
カナダに行くってのは本当だったんだね。

149 :名無しさん:03/12/19 12:11 ID:xkO9vwjt
>>144
無知にもほどがあるW
お前マジで日本国内から絶対にでるなよ。
日本の恥をさらさないでくれよWWWWW

http://www.onokiyoko.com/seisaku/main2.html
http://www.yasukuni.or.jp/siryou/1407.html
終戦後、日本に進駐した連合軍は、靖国神社の
処理問題を取り上げた。同司令部内では「焼却すべし」
という意見が大勢を占めたが、マッカーサー総司令官は、
最後の決断を下すに際し、キリスト教会の意見を
聞くこととし、駐日ローマ法王代表バチカン公使代理の
ビッテル神父に対し、靖国神社処分に対する使節団の
統一見解を文書にて回答されたい旨を要望した。
その答申(要旨)が先の文章である。終戦直後の
あの混乱時、靖国神社に対し深く正しい理解を示し、
同神社を守っていただいたブルノー・ビッテル神父に対し
感謝と尊敬の誠を捧げたい。
(社報「靖国」昭和56年7月号掲載、財団法人水交会会長・木山正義氏の玉稿『靖国神社とブルノービッテル神父』より要約抜粋)


150 :名無しさん:03/12/19 12:14 ID:lHFNO0es
いやいや、凄いオープニング記録になったもんだ。

Among all opening days, Return of the King's $34.1 million ranks
third behind Spider-Man's $39.4 million and The Matrix Reloaded's $37.5 million,
but ahead of the first Harry Potter's $32.3 million.

http://www.boxofficemojo.com/franchises/vs-lotr.htm

151 :名無しさん:03/12/19 12:16 ID:lHFNO0es
「記録」は余計だった。・・・逝ってきます。
そして、口ゲンカはほどほどに (・・。)

152 :名無しさん:03/12/19 13:04 ID:Judygf9r
>>149 おいおい靖国神社の処分じゃないか。
天皇がカソリック神父に生かされたなんて話きいたことないぞ!

153 :名無しさん:03/12/19 19:41 ID:48DLdhEw
>テロだって市民を殺したいのではなくて、
>自分の国、親子ども、友人知人を守るために、
>最後の選択をしたのだろう。

歴史上最悪のテロ国家は、アメリカ合衆国なのです。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20031218ig91.htm

米国内では、原爆投下の結果、日本上陸作戦が回避され、
米兵数十万人の生命が救われた、とする主張が根強い。

しかし、実際には、原爆投下以前に、日本の降伏は間近だという見方が、
米軍首脳の間に広がっていた。
しかも、戦略爆撃に際し、原爆の効果を測定しやすいように、広島、長崎など
数都市は空爆対象から除外していた。

米国内には、原爆投下を真珠湾奇襲攻撃への報復とする向きもあるが、
真珠湾攻撃は軍事目標に対するものだった。一般市民の大量殺戮(さつりく)
を目標とした原爆投下と、同列に論じられるものではない。

極東国際軍事裁判(東京裁判)では、日本側弁護人が原爆投下こそ戦争犯罪だ
と追及すると、即座に同時通訳が停止された。
占領期、原爆被害報道は、東京裁判批判や現憲法作成過程などとともに、
連合国軍総司令部(GHQ)の最も厳しい検閲対象だった。

日米関係は重要であり、見通し得る将来にわたり、日米の同盟関係を維持することは、
日本の国益に沿う。
しかし、東京裁判の歴史的位置づけをはじめとして歴史認識まで共有する必要はない。

国家、民族が異なれば、歴史認識が全く一致することなどあり得ない。
中国や韓国に限らず、米国との関係でも、これは当然のことだ。




154 :名無しさん:03/12/19 21:26 ID:Frkhf36f
ちょっとテーマからズレ過ぎてねえか?

155 :名無しさん:03/12/19 22:48 ID:Frkhf36f
とは言いつつも、

>テロは最初から民間人攻撃を前提にして敵にダメージを与える
>間接的な攻撃のタイプだといいたいんだよ。

今回テロを起こした一部のイスラム文化圏の実質的敵だったのは、
アメリカ国家ではなくて、アメリカを中心とした「グローバル経済」だろ。
そう言う意味ではWTCはまさにその本丸、
テロは「敵に直接ダメージ」を与えたんだと思う。
そう言う意図であそこに突っ込めと言えば首を縦に振る兵士もいたろう。
「関係のない民間人をターゲットにしろ」
と説得されたら、むこうも兵士、なかなかできなかったと思う。

こちらの経済人には自分らが努力することが、同時に
奴らからの富を搾取しているあるいは、経済自立を阻止している
ことになる自覚が全くないだけ。そんな自覚は俺も求めないけどね。


156 :名無しさん:03/12/19 23:42 ID:/9lNrfrr
9.11のテロの後みんなカミカゼ、カミカゼ、とか言ってた時、
唯一あれは戦争中の戦闘行為であって、テロと同一視すべきでないと発言したのは独のシュレーダー首相。

157 :名無しさん:03/12/19 23:55 ID:jFzPTOp3
>>156
アメリカ政府自身がそれを一番先に言っていれば、説得力あっただろうに。
(仮定法過去完了)
でも、実際は、最初からアメリカのメディアすべてがカミカゼ、グラウンドゼロ
をなんの抵抗もなく使っていたんだよね

158 :名無しさん:03/12/20 00:05 ID:gdPzDuLi
>>134

清談の風は愉しいですか? 馳駆師せんせ?

159 :名無しさん:03/12/20 00:09 ID:QhIK5rFy
誰かラストサムライ専門スレ立てて〜
タイトルは「ラストサムライを語れや in USA」とかいう感じで

160 :名無しさん:03/12/20 00:33 ID:gdPzDuLi
>>159


このスレ再利用すれば良いのではないかな?
【辛口】観てきた映画について語れや 2【歓迎】
http://life.2ch.net/test/read.cgi/northa/1071374457/

前の方に御丁寧にコピペしてる人がいたので自分も一見さんやってみたが、
どうもスレタテ人が消えてしまい閑古鳥が鳴いちまってるようでござます。。

統一スレ生息の過剰なマンせー軍団VS基礎知識のない厨房達が織り成す無限・見沼無ループ、
に飽き飽きし始めてる香具師も最近多いようで。

他にはこんなスレも議論の場としていいんでないの?




161 :160:03/12/20 00:39 ID:gdPzDuLi
失礼。訂正です。
ラストサムライVSイスラム自爆テロ
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1071337649/

<<他に多面的な議論が出来そうなスレ郡を挙げます>>

ラストサムライを冷静に語るスレ
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1070904735/l50
【斬】ラストサムライ ネタバレ御法度スレ【斬】
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1070378532/l50
【極東板】ラストサムライはイイ!4【住人必見】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1071649451/l50
世界史における「ラストサムライ」の考証
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1069825718/l50
時代劇住人から見た『ラストサムライ』
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1068992657/l50
(日本史板)映画「The last samurai」を考証しよう。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1069209016/l50
ラストサムライを軍事的視点で見るスレ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1071594302/l50

■まとめサイト
http://www.geocities.jp/last_samurai_2ch/
(過去ログ倉庫)http://www.geocities.jp/tls01870/
■作品情報
http://channel.aol.co.jp/entertainment/lastsamurai/index.html
■衣装について文句がある人はまずここを読んでから
http://channel.aol.co.jp/entertainment/lastsamurai/production/pn04.html






162 :名無しさん:03/12/20 00:43 ID:QhIK5rFy
>>161
串規制で北米・海外板しか書けない人も
多いと思うので。
指輪物語もはじまるし、
ラストサムライ話題はこの板の専門スレでやってほしい。
個人的には話題の広がりにも興味があるし。



163 :名無しさん:03/12/20 00:46 ID:QhIK5rFy
ちなみに私も規制でスレ立てできません

164 :名無しさん:03/12/20 00:46 ID:3zN0LjlF
ピーターパンが見たい


165 :名無しさん:03/12/20 01:14 ID:gdPzDuLi

>>159=162

スレ立て挑戦してみます。

タイトルは此れで酔いのかな?

「ラストサムライを語れや in U.S.A./Canada」

166 :名無しさん:03/12/20 01:20 ID:QhIK5rFy
>>165
お願いします。ありがとうございます。

167 :名無しさん:03/12/20 01:45 ID:FHrw46+D
というか、これは一時的なブームなのであるから、それでいいんではないかい?
ラスサム関係だけで1000逝っても、一週間程度のことだろうから、別のスレが
必要だとは思わないが。

168 :名無しさん:03/12/20 02:11 ID:3zN0LjlF
>>167
ラスサムだけでこれだけ話が盛り上がっているんだから
わけたほうがいいよ。
 
帽子ネコの事を話題にしたい人や、指輪物語を話したい
人達が可愛そう。
自分だってピーターパンの事を話したいしw

169 :名無しさん:03/12/20 02:25 ID:yTN2z1H/
新スレ(飛びスレ)立ちました。

ラストサムライを語れや in U.S.A./Canada

ラスサム関係の話題は今後こちらでどうぞ

170 :名無しさん:03/12/20 04:47 ID:vJJm1mXw
>>169
うるせー、おめーは独裁者か?
ここは自然の流れでみんなが議論しているんだから、これでいいんだよ!
だいたい、スレの流れをコントロールしようとすること自体が間違ってる、
その発想がテロにつながるって、わからないのか。このスレテロ野郎


171 :名無しさん:03/12/20 04:51 ID:gdPzDuLi
??? 

172 :名無しさん:03/12/20 04:55 ID:fUoppT9P
>>134
アメリカの無差別爆撃はどう定義するの。


173 :名無しさん:03/12/20 05:42 ID:9UH1raKM
170の荒れっぷりのほうがラストサムライよりおもろい

174 :165:03/12/20 09:11 ID:gdPzDuLi
>>159=162
昨晩は、アクセス規制の為スレが立てられませんでした。
ですが、169氏がその間に立ててくれていたようです。

ところで、自分は現在日本に戻っているのですが、 159さん始め北米在住の方々により
最近御覧になられた映画への感想をお聞かせ願えれば幸いです。
"Mystic River", "Cold Mountain", "Master and Commandor" 等について、皆様の周囲では
どんな感想がありますか?
それから、個人的にはSunDanceにて監督賞(もしくは作品賞?)を受賞した"Thirteen"に関心があるのですが、
どなたか御覧になられた方がいらっしゃれば是非感想を御伺いしたいです。



175 :名無しさん:03/12/20 10:53 ID:zYW4+fSK
>>173
>>170は荒れまくっているのでそのまま、荒波にのまれて
どこかに流れていってほしいかも

176 :名無しさん:03/12/20 13:40 ID:u8ovB0L+
死にかけていたスレが、たまたま「ラストサムライ」の話題で
復活したといういきさつを考えれば、あんまり偉そうなこと言えないんじゃないの?
今後、このスレは再び改訂の奥深く沈んでいくことになるだろうよw


177 :名無しさん:03/12/20 19:31 ID:0LZtCSyd
チョンの工作員がこんなところにまで現れるとは思わなかったね

178 :名無しさん:03/12/20 22:37 ID:4pKW9JJz
まるでスレ立て主の人生のようなスレかも。
朝鮮特需でガッポリ儲けるタイプ。
運だけで生きてるのかもしれないねププ
それはそれで大したもんだと思うけどね。

さ、映画について話そうよ。

179 :名無しさん:03/12/23 00:38 ID:GEb1Cx0t
>>178
運だけで生きている…それは私だ(・∀・)

180 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

181 :名無しさん:04/01/01 07:04 ID:HvUtM7Gh
How about the RING movies? LIV is so beautiful!!!

182 :名無しさん:04/01/03 19:57 ID:jh3hR0Ol
海外版の氷の微笑って日本国内のやつとは違って無修正なの?
シャローンストーンのおまんこが見たいよぅ

183 :名無しさん:04/01/04 04:02 ID:sGZW157c
>>181
3部作のなかで一番良かったな

今度,放映される、日本で撮影されたアメ人版不倫映画がちょっと楽しみ

184 :名無しさん:04/01/04 20:39 ID:UfccjZgR
官能映画の情報ってどこで手に入りまつか?

185 :名無しさん:04/01/09 14:15 ID:H9dWJTZh
age

186 :名無しさん:04/01/10 00:26 ID:2VHToiLr
(^−^)/

187 :名無しさん:04/01/18 05:05 ID:0HmTzcyc
公開初日に見てしまった「トルク」、
アタマ1/3までは迫力あって良かったけど...
香港カンフー映画同様、後半はちょっと付いていけなかった。
テレビゲームみたいだから米の若い連中には受けると思うけど。

でもあれで木戸銭はクルーズ侍と変わらない$5.50だもんなぁ。

188 :名無しさん:04/01/19 13:51 ID:cIsZZ2qd
ビッグフィッシュはいい映画ですた

189 :名無しさん:04/01/24 17:02 ID:ETcBjsBW
Lost in Translation すごく評価が高いのに
ここではあんまり書き込み無いね。
やっぱ日本人には辛い内容なのかしら?

190 :名無しさん:04/01/29 04:40 ID:1RZ/8NDA
>189
前スレでは語られてました。
今、見れないね、前スレ

191 :名無しさん:04/01/29 07:08 ID:QuY9jOVj
Butterfly Effect ラジー賞決定だな…
デミ・ムーアの新夫めあてで見に行ったけど、演技がへ(以下r

192 :お引越し:04/02/05 06:02 ID:/Jj02EVN
ラストサムライ・スレからのコピペ

=============

【反日】ロスト・イン・トランスレーション【国辱】
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1075543388/

 『Chicago Sun-Times』は21日、同紙に所属する著名な映画評論家ロジャー・エバート氏のコメントとして、
「この映画を見た日本人女性は、そのスタンスが暴虐なほどのアンチ日本であるという点で私と同意した」と報じた。
     ◇     ◇     ◇
 「[T]he film offered us caricatures of Japanese stereotypes, and it was a little hard to watch them -- they distracted from the honesty of the film with their shallow rendering and low humor.
(この映画はステレオタイプな日本人を少し見苦しいまでに誇張し風刺している。
また、浅はかな演出や低俗なユーモアと相まって、この映画の純粋な部分を見えにくくしている)」


193 :名無しさん:04/02/05 08:52 ID:bxyVoK+K

なんとなく解るかも。
「日本」の描き方がけっこうステレオタイプでつまらんと思った。
なんと安直な作家性だろうと。
ソフィア・コッポラって監督はダメポ。
ヴァージン・スーサイズもつまらんかった。原作が台無しぽ。

194 :名無しさん:04/02/05 09:31 ID:N4/kNmHK
>>192,193
『暴虐なほどのアンチ日本』
ではないとおもうけどな。
確かにステレオタイプ的な写しかたも多かったけど、悪意は無いとおもうなぁ。
日本に興味があって、1〜2度旅行したことがある西洋の人間の理解度としては、あんなもんじゃね?
観てた俺は無性に東京の喧噪が懐かしくなって寂しくなったな。
散文のような映画だから、受け手の感性によって好き嫌いが分かれるかもね。



195 :名無しさん:04/02/05 09:43 ID:bxyVoK+K
「暴虐なほどアンチ」とまではぜんぜん思ってないよ。
194のいうとおり、結構見る人によって感想がばらばら。私の周りではね。

この前テレビでスパイク・リーの Do the right thing を見た。
日本に居るときに見た感想とちがう感想を抱きますた。


196 :名無しさん:04/02/05 09:46 ID:IB96oBZl
lost in...
は日本でロケした事がウリな映画だったので東京の夜景等は
あまり意識せずに見ようとしました。
ストーリーをおっていて、例えばこれがメキシコの田舎とか
ブラジルの都会だったらどう言う意味があるのか?
でもイマイチだったね。Mid-life crisisものならすでに
american beautyがあるじゃないか。
あっちのほうが面白かったし、孤独感を描く映画ならもっと
ハプニングが起きた方がいいと思う。
スカーレットとビルマレーの演技もちぐはぐだった。
でもビルの壁に写される恐竜に見入るスカーレットの目は
ヨカータよ。

197 :名無しさん:04/02/05 12:12 ID:zn6rR6/+
つか、スカーレットタンの幼児体型に萌えますた ハアハア…

198 :名無しさん:04/02/09 08:16 ID:1bDFRxUL
>>193
ソフィア・コッポラは演技(「ゴッドファーザー4」だったか?)
もダメだが、監督業も???
GBで賞を取ったわりには「なんじゃこりゃ」って感じ。
渋谷の交差点でのロケは許可なしだし、2階のスタバからの
俯瞰図を使ったりと涙ぐましいほどの低予算映画。


199 :名無しさん:04/02/09 09:24 ID:3fSa78Sf
ゲリラであんなにきれいな画が撮れるんだー。
すげー、Lance Acord (撮影監督)って!


200 :名無しさん:04/02/09 09:37 ID:x0TRD5Oe
200

201 :名無しさん:04/02/09 10:10 ID:uN5ocFz7
スタートレックシリーズはまだそちらで
やっているのですか?

202 :名無しさん:04/02/09 14:48 ID:NPTUZEZ9
辛口でも映画でもないぞそれ

203 :名無しさん:04/02/09 20:18 ID:mRYOjukZ
Lost in ...のどこが日本蔑視なのかわからん。
全部ほとんど誇張の無い事実だし、異文化に対するリスペクト
に近いものもあるような気がする。
事実に基づいたステレオタイプをうまく表現してるのでは。
俺はソフィア・コッポラを見直したけどね。

アメ人がそれを理解しているとは思わないけど。

204 :名無しさん:04/02/09 21:26 ID:h5hAn/i9
>>203
いやー、分かっていアメ人も居ると思うけどな。
「観た」といってた女の子(アメ人・学生)と少し話したんだけど、雰囲気があって、面白い映画だったって言ってたよ。
単なるコメディー映画で終わっていないところは俺は評価するね。


205 :名無しさん:04/02/10 06:18 ID:MJXYpPvk
Lost in Translation
カラオケの場面とか延々で冗長の感があったかな
京都や東京の夜景が綺麗に取れていて、蔑視だとは
思えなかったよ

でも、あんな酷い通訳者は、いくらなんでもいないだろ

206 :名無しさん:04/02/10 11:03 ID:6pa8EyYx
>>205
そうそう、いくらなんでもこんな通訳おらんやろーって思ったw
一応セレブなのにエージェントなしで来てるしw

アメ人のことも結構皮肉っぽく描写してたよね
絨毯の色見本をわざわざfedexしてくるくだりとか
新人女優(アイドル?)のアフォっぽい記者会見とか

207 :名無しさん:04/02/10 12:46 ID:RSIkTckC
今頃ロス・トラ…
もうDVD出てるし
おまけ映像のマシューなんとかっていうのが
日本のバカ番組を思い出させて笑えた


208 :名無しさん:04/02/15 18:17 ID:2EyF7Yy8
"50 first dates"
観てきました!
コメディだけかなって思ったりもしたけど
笑いあり、涙あり(人にもよると思うけど)でよかったと思います。


209 :名無しさん:04/02/17 08:19 ID:+CCrjn9i
>>195
やっと観たよ, Lost in Translation。
俺も、この映画の根底にあるのは、日本人蔑視じゃなくて、
出稼ぎアメリカ人への冷笑なんじゃないかと思った。
この「冷笑」的な部分が、どうしても日本人を見下してる
感覚から起こっている部分は確かにあるだろうね。
「日本人なんかに金で釣られやがって。」ってね。

ただ、この映画は、そういう主人公の変化がテーマであって、
日本人への侮蔑的な表現は、最初の方に集中的に描いてあるよね。
映画の中の東京は中盤からどんどん魅力的な所に
なっていって、正直ちょっとホームシックになってしまった。

一緒に観た日本嫌いのインド人は、最初は手を叩いて
喜んでたんだけど、最後には嫉妬で真っ赤になってたよ。
そんな映画だった。
USから映画版には書けないから、ちょっと遅い批評っす。

もう七年も日本に帰って無いんだよな、、、、

210 :名無しさん:04/02/20 03:59 ID:HwzJOp5i
今日本での映画の話題、A Thousand of Cranes 「千羽鶴(仮題)」

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1074427824/l50


211 :名無しさん:04/02/20 12:10 ID:ajCvDSUD
>>210
白人男と日本女の悲愛か・・・
これ見て勘違いする白人男と日本女が増えるだろうな。

212 :名無しさん:04/02/20 14:00 ID:bYdKOLUA
Thousand of Cranes......
本当に作るのか?やめた方が良いような気がするぞ。
恋愛大作映画なんてR-rated以下じゃなきゃ意味なさそうだし、
そんなんじゃあ、原爆物としてはSum of All Fears以下の
ヘロヘロな描写しか出来ないだろう。
第一設定を見ると、日本が悪かった、みたいな話になりそうで
やだな。広島市が協力なんかしたら、笑いものになりそうだな。


213 :名無しさん:04/02/29 14:19 ID:C02/IZSq
In America観た香具師いる?
正直、泣けた。 

214 :名無しさん :04/02/29 15:03 ID:0SSwlfkr
Lost In Translation 
頭がいいアメリカ人なら実はアメリカ人のことを小馬鹿にしてるってわかるはず
だって、シャワーが固定してあるのなんてどうやって尻の穴洗うの?
アメリカ人ってシャワーしか浴びないし、不潔すぎ

215 :名無しさん:04/02/29 15:32 ID:3f/Tr7My
>>214
するどい分析。

216 :名無しさん:04/02/29 16:04 ID:cpVVLhyr
>>214
はは、さっき、相棒とその場面を観てて
「洗える!」「洗えない!」論争になりかけたけど、
「シャワーヘッド外して洗えよ!」で合意した。

217 :名無しさん:04/02/29 16:08 ID:4DHTYWjw
今日、The Passion of The Christ観て来たよ。
英語の字幕なんで日本人には分かり易いかも…。
クリスチャンでない俺には歴史映画でしかなかった。

218 :名無しさん:04/02/29 17:20 ID:Ligp0SPE
いいね〜

219 :名無しさん:04/02/29 17:26 ID:9xRDZxIA
十字架刑ってえぐいよね

220 :名無しさん:04/03/01 08:03 ID:0v/05SLr
アカデミー賞受賞式って今日でしたか??

221 :名無しさん:04/03/01 08:35 ID:g+9F/hIj
あ、忘れるところだった! thx

222 :名無しさん:04/03/01 11:47 ID:Y2weqdh1
http://live5.2ch.net/test/read.cgi/endless/1078107059/l50

どの板も書き込み出来ると思っていたら実況中継は駄目だった。
助演部門はでたのかな?

223 :名無しさん:04/03/01 11:50 ID:Q7QCFLAn
>>222
ティム・ロビンス

224 :名無しさん:04/03/01 11:59 ID:UqYdBk1u
しっかし お前らほんと良く映画チェックしてんな〜
新作とかほとんど見てんじゃない? 関心するよほんと
俺なんていまだにラスト サムライすら見てねえよ

225 :名無しさん:04/03/01 12:40 ID:DmAH1YaI
45 :魅せられた名無しさん :04/02/26 09:38
日本のマーケットはデカイから日本人キャスティングすると
単純に「儲かる」・・・という打算が無くもない気もするけど。
今回のバットマンに関しては。でもなんだかんだ言っても
今は嬉しいけどね。
そのうち当たり前のように日本人がキャスティングされるように
なればハリウッドの俳優の価値が日本では今より下がるのは
間違いないと思われるし、それはそれでいいことだ。
そもそも今があがめすぎ。


226 :名無しさん:04/03/01 17:19 ID:BC9PBaox
You got served見てきた!
B2Kかっこええけど髪型やばいっしょ!
ありゃだみだ〜

227 :名無しさん:04/03/22 17:20 ID:szMH1BkD
DAWN OF THE DEAD!!! ゾンビかっこいい

228 :名無しさん:04/03/23 08:25 ID:tk8p0jYZ
Lost In Translation 

なんかなあ、あれ東京である意味が見いだせねえストーリー。
rip/lipのシーンには笑ったけど、
俺自身できない発音だからちょっとへこんだ。

二人は出会い、互いに惹かれるが、
結局何も無いストーリーなんでぶっとんでしまった。

中年男と、若い女の世代間lost in translationなんだろうか?

229 :名無しさん:04/03/23 12:40 ID:MzpeHbt5
>>228 日本である必要は無いように私も思ったよ。
でももし舞台が中国だったら?韓国だったら?シンガポールは?
あるいはヨーロッパだったら。どうなっていたかな。

夫婦間でlost in translationだと思ふ。
同じ国の者同士で同じ言葉を話していて言葉は表面上通じてはいても、
実は通じていない。実際はsuperficialだったりする。
心が離れていたりするんだわな。

230 :名無しさん:04/03/23 15:41 ID:+6ASYDbu
ちょっと古くなるけど「Indpendence Day」で大統領が
「Today We celebrate our independencec day!」て出
撃前に演説をした後に映画館に居る観客たちも一緒に拍
手喝采し始めたときに「日本は絶対にこの国にはかてね
な。」と思った。


231 :名無しさん:04/03/23 21:07 ID:ymNwJ8po
基地外に刃物持たせたら最強ってこった

232 :名無しさん:04/03/23 22:44 ID:uS0l+Njx
>>230
俺は逆に、「日本はこいつらに勝てる」と思ったね。


233 :名無しさん:04/03/28 01:00 ID:i34kae65
得てrなl寸志ねオfてぇs歩tレss民d見てきたyお
Eternal Sunshine of the Spotless Mind
良かったよー も一度みたい


234 :名無しさん:04/03/30 17:53 ID:5DKFSXZu
Evan Rachel Wood 主演の Thirteen 見た人いませんか?
日本公開はまだまだ先みたいなので見られません…(´Д`;)
ストーリーをネタバレしてもいいんで教えてもらえませんか?

235 :名無しさん:04/04/11 23:30 ID:V579R74A
「少林サッカー」ようやく見てきたよ。
もう北米では公開されないんじゃないかと思ってたけど。
最高だった。

236 :名無しさん:04/04/12 08:33 ID:fyo/VnSK
■参考■TOEIC平均スコア抜粋(2004年度第2回)
*それぞれ50名以上の平均値

922 上智大学
876 国際基督教大学
807 東京外国語大学
794 大阪外国語大学
753 南山大学
720 神戸市外国語大学
714 関西外国語大学
709 北九州大学
698 東京大学
686 京都外国語大学
671 宮崎国際大学
664 神田外語大学
648 京都大学
633 津田塾大学
627 立命館大学
622 立教大学
619 同志社大学
602 九州大学
596 名古屋外国語大学
596 青山学院大学
589 桜美林大学
584 関西学院大学
580 神奈川県立外語短期大学
578 立命館アジア太平洋大学
576 早稲田大学
574 横浜国立大学

237 :名無しさん:04/04/12 11:54 ID:bKRJqF5+
City of God
ブラジル映画だけど一見の価値あるYo!


238 :名無しさん:04/04/12 16:00 ID:SNp5UNYJ
>>237
ブラジル好きの私はCidade de Deus見たくてたまらないんですが
近くのビデオ屋にも置いてないんで困ってます。
どこで見られますか?

239 :名無しさん:04/04/13 02:59 ID:SdZNMzc1
>238
マイナーなのは置いてないかもね
ネットで検索してアマゾンなんかで中古を通販で買えば?
運がよければ送料込みで$10しない

240 :237:04/04/13 13:09 ID:dEgB7U1u
>>238
NYでは、少ないけど今も映画館でやっているところがあるんで。
ビデオはあるかどうかわからないです。すいません。


241 :名無しさん:04/04/13 20:36 ID:9etYuLBI
個人的に「Hellboy」は面白かったっす。

242 :名無しさん:04/04/15 07:02 ID:gIsq1lls
もうすぐキルビル2封切りアゲ

243 :名無しさん:04/04/15 21:03 ID:9+MBWrr9
で、オマエ等 KILL BILL2 観に行くん?
1をもう一回観てから行こうと思ったんだけど、昨日ビデオ屋覗いたら全部貸し出し中だった。

244 :名無しさん:04/04/16 01:47 ID:OeaRYjOZ
モンスター見た人います?
見た後気分が悪くなってしまったよ。
クリスティナ立地がぶさいくになってて驚いたし。

245 :名無しさん:04/04/16 08:47 ID:f5A928W0
>>209
は日本嫌いのインド人なんかとよく一緒に映画観に行けるなー
隣で手叩いて日本の滑稽っぷりを笑われたら自分ならムカついてたまらん
君人間出来てるよ、心広い

246 :名無しさん:04/04/26 00:30 ID:wBijbR3M
"WALKING TALL"

247 :名無しさん:04/04/26 01:36 ID:zDGOySki
キルビル血出すぎ。それがいいのか?

248 :名無しさん:04/04/26 03:39 ID:u5PoFTb6
>>238
DVDなら売ってます。
日本だったら結構前からレンタル出てるけどね。

249 :名無しさん:04/04/26 05:08 ID:Aqsl7IPb
>>244
私もモンスター見た〜。たしかに、気持ち悪くなる。

最近は、アラモ見てきました。歴史とか興味ある人は好きかも。

250 :名無しさん:04/04/26 05:48 ID:ne60t3w5
Kill Bill -1ひどかったじゃんか。

途中アニメに逃げた時にはあまりの事に、
ぶっとんだ。
あれって映画館で見るべき物なんだろうか?
なんかうちでB級好きな友達と、
「馬鹿でぇ!」とか「あ、ここxxのパクリ」
とかいいながら見るもんじゃあねえのか??

251 :名無しさん:04/04/26 06:53 ID:D32bHFZg
KILL BILL 1 は日本文化へのオマージュとアメ人のアジア感をパロった
映画なんだよ。アニメ、侍、女子高生、オタク、ヤクザ、寿司ってな
ものを半分コメディ的に演出として盛り込んだもので、ブルースリーの
トラックスーツ着てたりしてたのもそう。
そこを理解しているか、いないかで印象がずいぶん違う。

252 :名無しさん:04/04/26 07:14 ID:xJZUNXy1
へえ、ダニエル グリーン は駄目なんだ。
誰に頼むか悩んでいたところ。サンクス。

253 :名無しさん:04/04/26 07:37 ID:S5PjDgZj
>>251
あれがパロディだって事は百も承知だが、面白いかどうかは別。
俺はB級映画大好きだがキルビルはつまらなかった。
あれが面白かったって言ってる人に聞きたい。どこが良かったの?

254 :名無しさん:04/04/26 10:42 ID:Jl1oaXf4
251だが
ばかばかしいところだな、まぁ俺も映画館というより
ビデオでアメ人といっしょに大笑いしながら見たくちだ。
大真面目にバカなことをやってるタイプの面白さというかな、
まぁ好き嫌いがありそうな映画だということは認めるよ。
ちなみに2を映画館で見たがパロってる対象が中国(っていうか
香港映画かな)に変わってたな。
にしてもウィークエンダーのあの音楽を選んだのは本当に
タランティーノなのかっていうのが気になるな、可笑しすぎ。

255 :名無しさん:04/04/26 11:52 ID:qsjL6BKe
きるビル2のほうがよかった。1ははじめのほうとかころしのシーン
とか女の子にとったら気持ちよいもんじゃなかった。男の子は平気
みたいだけど。

256 :名無しさん:04/04/26 18:36 ID:nCn9zgsu
Eternal Sunshine of The Spotless Mind面白かった。おすすめ。
もう三度くらい見に行きます。

257 :名無しさん:04/04/26 19:03 ID:Aqsl7IPb
>>252
誤爆?

258 :名無しさん:04/04/27 02:17 ID:ecYPMlA1
>>245
超遅レス。(あなたもだが、、)
日本嫌いインド人は、ほとんどの場合自分達がアメリカで注目されてないことに対する嫉妬
ですから、LITとかKillBillみたいな映画は悔しいらしいです。
私はLITを先に観たアメリカ人から、最後は「TOKYO行ってみたいなー」ってなる映画だ、
と聞かされていたんです。
心が広いなんてとんでもない!インド人&中国人には上下関係を叩き込むに限る(もちろん
私が上)、という信念を在米七年で形成するに至った「鬼のような日本人」として、日本の評判
墜落にローカルに貢献してる者です。


259 :名無しさん:04/04/27 02:55 ID:lcYDjnsR
>インド人&中国人には上下関係を叩き込むに限る(もちろん
私が上)、という信念を在米七年で形成するに至った「鬼のような日本人」として、日本の評判
墜落にローカルに貢献してる者です。


わっはは、同意!
でも絶対に奴らはそれを飲まない。
認めたらもはやそれはインド人ではない!

260 :名無しさん:04/04/27 07:19 ID:lcYDjnsR
>あれが面白かったって言ってる人に聞きたい。どこが良かったの?

Kinn Bill-1
なんつうかな、俺は金払って映画館で見るレベルではないと思う。
ゴジラとキングコングが戦う映画と変わらん。
それがこれでもかこれでもかと、手を変え品を変え何回もでてくる。
そういう意味では馬鹿テレビを見ているのと同じ(Fear Factorとか)。
それがグレードアップしながらエスカレートしていくのが面白かった。

でも「映画」出なければならない、何かは、あまり感じなかった。
DVDとかで途中ちょこちょこ止めながら、
「ここはxxなんだよね」とうんちく傾けながら馬鹿仲間と見るべき物で、
映画館で見るのはなんだか、映画の冒涜とまでいわないけど、
なんかちょっと高尚さが足りなかったなあ。
カップルなどで映画館でワクワクしながらスクリーンで見るのは、
タランティーノ自身が望んでいないような気がする。



261 :名無しさん:04/04/27 07:20 ID:lcYDjnsR
だから254は言ってる事が正しいように思う。すごく同意。

262 :名無しさん:04/04/27 07:26 ID:Lo19pG8e
http://www.dazzled.com/usnews/edu/college/ivytuition.html


263 :名無しさん:04/04/27 07:41 ID:3tu/Tgst
>>262
グロ

264 :名無しさん:04/04/28 13:53 ID:YD4jtFiI
こっちの映画館で椅子がリクライニングになってるのにはびっくりしたよ。
あとポップコーン食いきれねぇよ、多すぎ。

265 :名無しさん:04/04/28 14:50 ID:2AQvoFYb
キルビル2みた けっきょく5時間近くかけて何がやりたかったのかと小一時間(ry

266 :名無しさん:04/04/30 06:29 ID:BX8EPRcX
>265
5時間も無かっただろ

267 :名無しさん:04/04/30 06:49 ID:XcTLrKZi
>>266
前編後編合わせてだろ。

268 :名無しさん:04/05/01 11:12 ID:iHe4bA3e
>>265
壮大なる痴話喧嘩

269 :名無しさん:04/05/01 15:46 ID:2kBCHOr1
2時間ぐらいにまとめたほうが良かったな。


270 :名無しさん:04/05/13 02:31 ID:r8Ufauqw

「マトリックス」の監督、まもなく性転換完了?

1 : ◆.ZBATT41.E @快傑ズバットφ ★ :04/05/12 23:02

「マトリックス」シリーズの監督として知られるウォシャウスキー兄弟の兄、
ラリー・ウォシャウスキーが性転換を完了しつつあることが複数の証言で明らかになった。

ラリー・ウォシャウスキーといえば、女装癖や、ロサンゼルスの風俗店の女王様との
長年にわたるSM関係などが明らかになっているが、女性へと変身する最終ステップとして、
ついに性転換手術に踏み切ることにしたという。

最近の彼は「ラリー」としてではなく、「リンダ」として生活していたらしいが、
このプロセスを終えれば、身も心も完全に「リンダ・ウォシャウスキー」になる。

ソースはこちら
http://www.eiga.com/buzz/040511/02.shtml



271 :名無しさん:04/05/13 04:17 ID:PGWb4t63
 "House of the dead" "Underworld"
・・・つまんなかった。期待してたけど。
 "meen girl"とかヒラリー・ダフとOne tree hillの
男の子が出てるやつとか、Teen向けの映画がこの時期
多いですね。高校生じゃないの見たくなりまつ。
最後スレちがい。スマソ。

272 :名無しさん:04/05/13 05:42 ID:/6Yhh4Ou
13 Goes to 30 観てきた。Bigの女の子版って感じだけど、
作りが雑だった。Bigの方がよく作ってあった。

Jennifer Garnerの背中は鍛えてあって、かっこ良かった。

273 :名無しさん:04/05/18 00:34 ID:ZrasMWsO
TEEN向け映画は公開中の映画だけでもこんなに…。
"13 Going on 30"
"New York Minute"
"Mean Girls"
"The Girl Next Door"

http://www.boxofficemojo.com/review/movies/
REVIEWはほとんど悪い評価を与えてますね。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)