2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山芋キネマテレビジョンヌ

1 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 21:12
山芋が見たTV・映画をぼちぼちと語る

2 :こんぐぎどら ◆uQHcJhDIYM :04/04/13 21:12
    n,,,,,,n
ミミミヾミ゙::::・::::::・ヽ <糞スレずざーーーー!w
 ミミヾ/ゝ;;;;;;●;;)        (´´
 ミミヾ|::( ´ー`)        (´⌒(´    
    ゚ ○―J ゚≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡

3 :こんぐぎどら ◆uQHcJhDIYM :04/04/13 21:13
    n,,,,,,n
ミミミヾミ゙::::・::::::・ヽ <右足ずざーーーー!w
 ミミヾ/ゝ;;;;;;●;;)        (´´
 ミミヾ|::( ´ー`)        (´⌒(´    
    ゚ し―○ ゚≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡

4 :こんぐぎどら ◆uQHcJhDIYM :04/04/13 21:13
    n,,,,,,n
ミミミヾミ゙::::・::::::・ヽ <両足ずざーーーー!w
 ミミヾ/ゝ;;;;;;●;;)        (´´
 ミミヾ|::( ´ー`)        (´⌒(´    
    ゚ し―J ゚≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡

5 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 21:34
「オレンジデイズ」 

を見た。前作の「砂の器」で最後の最後に和賀が泣きながら父親に
「三木さんを殺してしまいましたぁ」
が腰砕けだったので、よかったんじゃないすか。
番宣スポットでかかってた曲がわからないが
ドラマの中ではかからなかった。
プロデュースの人と演出のひとが好きなので
脚本家で食わず嫌いせずしばらくみてみようかと。

6 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 21:46
明日はホットマンのスペシャルだった

7 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 21:49
「ワンダフルライフ」

ホットマンの時もそうおもったけど
反町は子どもとのからみがうまいと思う。
うまい、というより自然に見える、か。

8 :夢見る名無しさん:04/04/13 22:00
もっと暑く語って!キボン

9 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:00
↑この主題歌で毎週見ることに決定


10 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:01
あれま!

11 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:04
>>8
実際見ながら語るのは難しいです。
かつて実況スレとかにも行ったことあるけど
共有感はものすごくあじわえるんだけども
ドラマもスレも中途半端になってしまうという感じがしました。
理想はおわってから、というか感想が固まってから、ですかね

12 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:14
「アットホームダッド」

とりあえずいまのところ
「宮迫と中島のコントにしかみえない」

13 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:19
つまらなくなったといわれるドラマだが
立て続けで見るとそうでもないような気が。



14 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:21
わお!
名前の序列でびっくりだ

阿部寛 宮迫博之 篠原涼子 なんだね

これてっきり

篠原涼子 阿部寛 宮迫博之かと思ってた。

15 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:25
結構この出演の順序、ほかのドラマでも見てるとおもしろい。
例えば白い巨塔で

若村真由美(友情出演)

とか。
友情出演は共演者とのコネで 特別出演は 
スタッフとのコネだと聞くが実際はどうなんでしょう。

16 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:30
最初に名前出る人が主役、準主役がトメ(最後に名前の出る人)
だとすると、岡倉のお母さんが出てたときの「渡る世間」はすごかったなあ

岡倉節子  山岡久乃  〜  小島五月 泉ピン子

主婦層のハートを掴んで話さないこのキャステイング!
ちなみに今は

小島五月 泉ピン子 〜  岡倉大吉 藤岡琢也

となってるはずです。

17 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:32
なーんてこといってますが
前回の「渡る世間」、(私的にワタオニと略すのはイヤです)
録画して見ずにけしたので内容全然わかりません


18 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/13 22:53
そうじて一話は「起」の部分にあたるんで
状況説明等退屈な部分が多いので仕方ないかな。
と 思った今。

19 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/14 23:43
今日は
「光とともに…自閉症児をかかえて」

「ホットマン04春スペシャル」

20 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 13:51
木曜日

「新しい風」

全然、追いつかない。
既に一話で脱落なのか?
上記の3つのドラマで4時間、
今日から始まる
「ホームドラマ」が2時間。
むむ、6時間も置いていかれてる。
次週になってしまうのではないか?

21 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 13:53
とりあえず
落ち着いてみよう。

映画「キル・ビルvol.1」

22 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 14:03
レザボア・ドッグス、パルプフィクション、
(フォールームス)、ジャッキーブラウンと
タランティーノ作品をこよなく愛してきた私は
実のところあまり期待してなかったのだが…。

クンフーもそうだが剣技も手足の短めな東洋人の方が様になるなあ
とはまず思ったこと。
マトリックスも、預言者にいつも付き添っているセラフの動きなどは
とてもシャープなのだが、ネオとスミスが戦いはじめると
途端に打ち合わせた振り付けのようにもっさりしてみえてしまう。
やはり手足が長い分、動きが遅く見えてしまうのだろうか。


23 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 14:22
気になったのはこの程度のことで
期待していたよりは充分楽しめた。
復讐映画なんだけど血みどろバカ映画ともいえよう。

かなり重要なシーンを日本語で喋ったりするので
なぜかシリアスなシーンが大爆笑になる。
例えば、ルーシーリュ-扮するオーレン・イシイが
ブライドに対して発する言葉
「嘘つけ!」は
牛乳を飲んでたらどうなってたかわからないくらいだ。

24 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 14:27
しかし画面と音楽の効果は見事で
ビルの最後の言葉
「彼女は知っているのか?娘がまだ生きているということを」
と言った瞬間、画面が暗転し
脚本、監督 クエンティン・タランティーノと出る瞬間、
ぞくぞくしましたね。
場面を切るタイミングがじつにうまく、それが音楽と
シンクロしているのでゾクゾクしてしまうのです。



25 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 14:42
やはり映画なのだからわくわくとかそういう感覚を持てないものは
きっとつまらないんじゃないかと。
娯楽なんだからテーマもなにもあるかい、好きでいいんじゃない?
メチャクチャでも、と感じました。

個人的にくすぐられた所

・殺し屋グループの名が「毒ヘビ暗殺団」(翻訳でねらったのかな)
・栗原千明の役名 「GOGO夕張」
・大葉健二
・ブライドが殺す(復讐)リストをノートに書いて
 それが終わると線を引く。

26 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 14:49
あえて苦言を呈するならばだ。
完璧にB級をねらったつくりというのは
みてもすぐにわかるが
逆にねらいすぎて微妙に外している気がする。

最初の頃はそういったものも含めて
タランティーノ映画の「かっこよさ」というか「あえてこういう風に
しているセンス」がよかったんだけども
一歩間違うととてつもなくかっこわるいモノになってしまう。
今回の作品はその微妙な線上にいると思うのだが
しかし、それさえも全て計算の上でこうつくっているのだとしたら
(多分、つくっている)感服です。

27 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/16 14:52
で、一泊二日のため本日返却

28 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/17 02:24
「光とともに…自閉症児をかかえて」 第一話

ヒューマンドラマスペシャルかと思うような内容でした。
でも2時間ドラマだとその時間内で奇跡を起こさなくてはならないので
こういった内容のドラマこそ連続ドラマむきなのかもしれません。
系統で言えば数年前同じ日テレ系でやった「ピュアソウル」
と似ているのかも。

29 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/17 02:29
しかし今クールは障害者者が多い。
その中でもこのドラマは真摯に真正面から
取り組んでる姿勢がうかがえます。
だからといって他のドラマを否定しているわけじゃないですけど。

障害を枷にする恋愛ドラマが多い中
こういうドラマは視聴率は取れなさそうだけども
必要だと思います。

あと篠原涼子は感情移入のしやすい女優さんだなと感じました。
チョイ役なのか今後もでてくるのかわからないけど
やさぐれ井川遥がなかなかいい感じだと思います。

30 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/17 02:34
ホットマン04春スペシャル

そういえば本放送の時、途中までしか見てなかったので
最終回どうなったのかわからないし。
今回は速水もこみちにしか目いかないし。

31 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/17 04:21
で、見終わったわけですが
「速水もこみちにしか目がいかない」
見方はある意味正しかったのかと。
すべてこうなるんだろうこうなるんだろうと予測すると
その通りになる。
その安心感がよかったドラマです。
というかこれTBS版一つ屋根の下ですね、と強引にこじつけて
おしまいにします。
これはドラマを見ても原作漫画を特に読みたいと思わなかった作品ですね。
そうか、反町隆史は漫画原作つきの作品だとうまくはまるのかな?

32 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/17 04:29
本日のドラマ

仔犬のワルツ (プライドよりこちらのほうが野島ワールド炸裂の予感)

本日の映画

少林サッカー (借りようとおもっていたらいつのまにかTV放映)

33 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/18 10:29
「仔犬のワルツ」第一話 見ました。

旬を過ぎて更に一周してかえって斬新なキャスティング。
ゴールデンタイムにいささか濃い面子。
ドランクドラゴン塚地のなんとなくやりにくそうな悪役。
(しかも煙草をいちいち吸うしぐさがおもいっきり似合ってない)

親父さんが見てた昔の写真、亡くなったけんじさんの部分だけが
光の反射で見えなくなってたけど
もうこの際風間トオルより年下でもいい、
谷原章介の方向で。

34 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/18 10:33
主題歌はつんく♂プロデュースのなっちの歌でしたね。



で前々から安倍なつみを見て思ってたんだけど
酒井法子とイメージが被る部分がなんとなくあるなあと思っていたら…
こういうタイプが好きなのかあと勝手に決め付けたりしてます。

35 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/18 10:42
主役の2人以外、誰が死んでもおかしくないメンバーなので
(既にそういう見方しかできないのが野島ドラマの醍醐味)
壮絶な死にっぷり&不幸のどん底っぷりを楽しみにしております。


36 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/19 15:31
「オレンジデイズ」 第2回  

見ました。今回なるほどと思ったのは
妻夫木聡の「静」と柴咲コウの「動」の対比なんですね。
両主役がなんかイメージどおりの役だと思います。



37 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/19 15:53
「チャーリーズエンジェル フルスロットル」

ツタヤ半額につきかりてきました。
キャメロン・ディアスの声が藤原紀香という一点で
躊躇していましたが前作と比べてそんなに違和感はありませんでした。
マックジーの演出も水を得た魚のようで勢いのある時ってのは
こうなんだなーと素直に思いました。

フレンズ好きの私としましてはルーシーリューの恋人役に
マット・ルブランク続投がたまらなかったです。
あの役はそのまんまフレンズのジョーイだからです。

ドリュー・バリモアが自分だけ引退してないエンジェルの未来を
想像する時に双子のオルセン姉妹が出てきたのが
面白かったですね。

出てきた瞬間に必ずコイツは悪役だとわかるロバートパトリック
(ターミネーター2のT-1000)がまんま悪役なのはイイです。

38 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/20 01:39
少林サッカー (TV放映)

もうポイントは一つ。
見る前から気になっていた、ライバルチームオーナー&主催者が
やしきたかじんそのものってところです。

………実際その通りでした。

雰囲気が80年代前半の香港映画っぽかったですね。
でもこういうノリは嫌いじゃないけどいまいち乗り切れませんでしたね。
なんでだろう。
うん、テレビだからよかったんで、これレンタルしてたら
結構後悔したかもしれないです。
つまらないんじゃないんだけど、空気が合わない。
そんなとこでした。


39 :お休みなさい体気つけて:04/04/20 01:55
sannげんき過ぎ!
もうだめだ〜ねmす。
みなさんお休みなさい。
先のがスケサンだったらスマソね、
口調てやっぱり重要かも
6さんもスケサンもお休みなさい。
今日はさんを見なかった。軌跡は伺えたけれど、
sannもオヤスミナサイあなたは目はいいの?
大きいしいいわね、

40 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/20 08:12
>>39
sannさんもスケサンも6さんもいないけどおやすみなさい〜

41 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/20 08:29
「X-MEN2」

みました。今回はミュータントの悲哀がこちらに伝わりやすく
描かれていたと思います。
切ないSFアクションというのもなかなかいいです。
うとうとしながら見てたので把握してないんですが
劇中「戦争」といってるのは人類VSミュータントのことなんでしょうかね。

ある能力を持っているために迫害され、阻害されたのに
その能力を人類のために使うという姿勢。
逆説的なこの生き方。
悪の親玉マグニートーが最初はプロフェッサーと同じ理想主義者
だったのに途中から袂を分かつのもすごくわかります。
現に火を自在に操れる少年はマグニートーについていきましたね。
これはパート1より面白かったです。
といっても前作みてないと面白い、との評価もしにくい作品であることは
確かですが。

パート2もの、取り合えずそんなにはずさなかったので
「ブレイド2」でも借りてみますかね。

42 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/21 16:39
「ホームドラマ!」 第一回

「愛し君へ」 第一回

「ワンダフルライフ」 第二回

「アットホーム・ダッド」 第二回

「光とともに…」    第二回

「新しい風」       第一回

「霊感バスガイド事件簿」 第一回

「電池が切れるまで」 第一回



こ、こんなにたまっていたんですね!
まだ放送前のとかもあるんですけど。

43 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/22 01:04
「新しい風」       第一回

本放送と再放送の2回とも最後の10分しか見れなかったです。
これでは話もなにもわかりませんよ!
というわけで 第一回 脱落…

44 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/22 03:43
「愛し君へ」 第一回

いきとしいけるものすべて とねちっこく歌う森山直太朗の声が
非常に印象に残りました。ドラマのトーンとあっててよいと思います。
連日の暑さとあいまって長崎のシーンから始まった夏のシーンなどは
7月から始まったドラマかと思いました。

プライドで死んだはずのコーチが小児科医で生きてる!
ことが衝撃ではなく、役が違うのに全く同じ人にしか見えないというところが
全く時任三郎の個性なんだなと。

なるほど今わかりました。主人公の菅野美穂(友川四季)のお母さんの死と
あの時任三郎(降谷先生)が何かしら関係しているのでしょうか。
「私は見守るだけです」と言ってたし。
きっとその辺に彼女が医者を志すこととなった何かがあるのでしょう。

45 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/22 03:51
いわゆる 湿り気の高い ドラマもいいのではないかと。
時間経過が緩やかというわけではないのだけれども
何故かそういう印象をもってしまうドラマですね。


46 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/22 03:58
この前音楽番組で大黒麻季が歌を歌っていました。
バンドが「フレンズ」とかいい、かつて色んなグループで
活躍していたメンバーでした。
で、ドラムを真矢が叩いてたんですけど
それを見てふと思ったのがピンクハレルヤのドラムって彼がモデル?
(太ってるだけだ)

47 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/22 16:12
「ワンダフルライフ」 第二回

いよいよ主人公が何もかも失って
少年野球チームジャガーズの監督を引き受けます。
現役時代に代理人をしていた弁護士(八嶋智人)が
同様に何もかも失って桐島(反町)のところに転がり込んできます。
「私は桐島のマネージャーです」と。(しかも風呂場で)

試合に勝たなければチーム解散、という危機に桐島は
デッドボールや盗塁等、卑怯な手で勝ちますが
誰も喜びませんでした。
そのあとの子どもたちの態度と言葉に
桐島は忘れていたものを思い出すようです。

見ていて元気の出る、後味のよい、爽やかな感じのドラマって
よいですね。
そういえば「王様のレストラン」のエンディングも平井堅でした。

48 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/23 03:23
「ホームドラマ!」 第一回

タイ旅行のバス事故で家族や大事な人を失った人々が
(事故に居合わせた人もいます)
井坂将吾(堂本剛)の呼びかけで一緒に暮らすことになる、
というドラマらしいです。
おじいちゃん、お母さん、長男〜
とそのメンバーで一つの大家族になります。

女子高生の役の子どこかで見たことあるなーと思って
それでも誰だかわからず悶々としていたら
キッズウォーの茜ちゃんだと突然わかりました。

将吾は奥さん(妊娠していた)を亡くしたのですが
普段は普通に振舞っていたのに事故の慰霊祭の通知がきて
それを読んだ瞬間に泣く、というか嗚咽してしまいます。
そこのシーンで思わずつられて泣きそうになってしまいました。
今クールドラマ初半泣きです。
くっ!




49 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/23 15:32
「アットホーム・ダッド」 第二回

お父さん、奮闘すという感じです。
何故か阿部寛と宮迫が可愛く見えてしまうのが不思議です

50 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/25 14:38
「光とともに…」 第二回

光くんが小学校に通うようになりました。
入学の記念写真でカメラマンにとびついたりと
相変わらずのあばれっぷり(ちゃんと理由はあるんですが)
です。

先生(小林聡美)は光くんを無理に
何か教え込もうとせず興味を持つものや
彼が動くまで待ちます。

やはりこの女優さんはうまいですね。ある役になったとすると
喋るトーンなどがこの人の場合一貫している気がします。

なんてことを考えながら見てるときに井川遥が再登場しました。
これは! ちょっと見てて恥ずかしい演技だ!


51 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/25 15:00
「電池が切れるまで」 第一回

半分以上みましたが駄目でした。
興味わかないしなんかどうでもいいって思ってしまうし。
テレ朝系木9は当たり外れの差がおおきすぎですね。
そうか、裏が「渡る世間は鬼ばかり」だもんなあ。

52 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/25 16:10
「ホームドラマ!」 第二回

今回はユースケを除く全員が将吾のもとに集まります。
ちょっと早すぎる気がしなくもありませんが。

元旅行会社の女性の人がユースケに謝罪にきますが
彼は受け入れません。
彼女が何かを言おうとしてますが聞こうともしません。
なにを言おうとしてたのだろうと思っていたら…。

彼女もあの事故で大切な人を亡くしていたのです。
コースにははいっていない綺麗な夕陽を見せたいと言っていた
ツアコンの男性です。
でもそもそもの原因が彼の判断にあるような気もするし。
彼女もいずれあの家を訪れるのでしょうか。

しかし帰ってくるたびに人が増えているというのは
わかっていてもなんだか嬉しくなってきます。


53 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/26 12:01
「オレンジデイズ」 第三回

ちょっとはまってきてるかもしれません。
今回のキモは思っている音と実際のバイオリンの音が
微妙にずれる、というところだと思います。

そのせいで(しょうがないんだけど)あのサークルを
おわれるはめになります。
それで櫂くん(妻夫木聡)がサエちゃんのお家まで
いってあれやこれや言うのですが
これはちょっとやりすぎなのでは?
「カエルよりもよくて浜崎あゆみよりひどい声」
のたとえにはちょびっと苦笑ですが
そして櫂くんの一言です。
「ぼくが君を音の闇の中から救う」
ああ、カエルのたとえのほうがあとでした。
そしてサエちゃんが櫂くんにしがみついて(この表現しかうかばない)
おいおい泣くのですがそこかなかなかよかったですね。


54 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/27 13:14
「仔犬のワルツ」 第二回

一番最初は目の見えない子と盲導犬のコンビだと勝手に解釈してました。
単に犬と行動してるだけなんて逆に画期的だ。

特待生試験がなにやら怪しいものばかりでしたね。

小柳ルミ子の息子がずるしてる感じだったしあの裏金も
小柳ルミ子から渡されたものなんでしょうか。
で、そのあとバイクにひかれるのもバイク繋がりで
岡本健一とか。(それはないでしょう)

羽音(安倍なつみ)が言っていた
「優しくされたり、何かしてくれたりすると
それがいつまで続くか不安になる」
って言葉は脚本家ではなく企画の人の指定だと思われます。(多分)


55 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/27 13:30
「愛し君へ」 第二回

四季(菅野美穂)のお母さんが病気か怪我かわからないけど
最後にたちあっていたのが(その時は何もできなかった)
研修医の降矢先生(時任三郎)でした。
医者になるのはお母さんとの約束だったのですね。
とすると間接的に四季の運命に関わっていることになりますね。

今回のこ話で「イイ奴」担当は玉木宏です。
「あ〜おまえを好きだっていえない俺がイライラする」
って告白してんじゃん!って感じですが。
そのあと戻ってきて
「今の俺に似たやつが言ったことは全部嘘、気にすんなよな」
でイイやつ決定ですね。
伊東美咲母子と雰囲気がいいので結婚とかそういうのでなくって
その三人でうまくまとばればなあと個人的に思っています。

いよいよカメラマンの失明までの期限があと3ヶ月と判明しました。
四季に対して心を開きかけていた彼はまた自分の心を隠してしまいます。
小児病棟の写真の件で
「そんな金にならない仕事はもうやらない」
みたいなこといって笑うのですがその笑顔がたまらなく憎らしいのです。
視聴者のこちらは彼の事情を知っているのに笑顔が憎い。
普通はそういうシーンで思いに反した笑顔見せられると
胸締め付けられること多いのに何故なんでしょう。
あれ?藤木直人お上手?
というかシニカルな笑顔が得意な俳優さんではないのでしょうか。

56 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/29 02:34
「光とともに…」 第三回

見事に録画失敗

57 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/30 01:45
「ワンダフルライフ」 第三回

今回はかなめくんという少年が話の中心になりました。
監督のラフプレイに嫌気のさした少年たちはチームをやめると言い出します。

かなめくんの両親が離婚することになって父方にひきとられていこうと
するのですがそこに桐島さんがきて一悶着起こします。
この場面でかなめくんは監督の人間性を知ることになるのですが
ベタなシーンだけどやっぱりぐっときましたね。

で、今回の笑いどころは落ちぶれ様をスポーツ新聞に
すっぱ抜かれた桐島さんの記事についでにのっていた
弁護士(八嶋智人)です。
笑顔に目線がはいって「横領の疑惑のT弁護士」と。

監督とのコンビネーションも漫才ぽくてよく
かなりいいですね。

58 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/04/30 01:52
「アットホーム・ダッド」 第三回

すでに第三回にしてトーンがシリアスになりはじめているのが
少し気になりました。
男性が家に入る、というのが話の根幹にあるのですから
そういうのは仕方ないと思いますが
話のはじまりがコメディっぽかったので残念です。

阿部寛自身が狂言回しになって話が進めば
もっと面白いと思うのですが、まだ3回なので
どうなっていくのかも予想できませんが
阿部寛のコメディ演技をもっと見たいですね。

59 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/02 02:34
「ホームドラマ!」 第三回

今回はユースケメインです。
彼の悲惨さを嫌というほど見せつけてくれます。
そんな彼のもとに将吾も何度かおとずれます。
ユースケは嬉しいといいますがやはり一人にしてほしいと。
正確には家族以外の誰かといるのだったら一人がいい、
という意味かもしれません。

一方みんなの集まってきた家は段々打ち解けて
よい雰囲気になってきました。

あ、酔っ払ったユースケが青い家にきました!
みんなに歓迎されてます。
あーだめだなーこういうのに随分弱くなった。

ユースケはそういえばコメディのイメージが強いですね。
で彼自身もシリアスな役を探していたということです。
そういえばアルジャーノンのハルも最初はえ〜っと思ったけど
結構はまっていたし、きっとかなり役者志向なんですね。

60 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/02 02:35
あのツアーコンダクターは旦那さんだったんだ…

61 :こんぐぎどら ◆uQHcJhDIYM :04/05/05 23:24
|,,n
|::::・ヽ
|;;●;;)
|ー`)
|⊂ |

62 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/08 02:28
「オレンジデイズ」 第四回

オレンジの会発足しましたね。
サエちゃんはお母さんに遠慮してピアノをしなかったんですね。
櫂くんは自分の彼女とうまくいかなくなってきてるし
サエちゃんが彼の人生の方向を変えかけてるのは
確かだとおもいますが、だからといっておいそれと
普通に恋にいくような感じがしませんが、今回のドラマは。

でも最後のシーンで気づかないサエちゃんに携帯をなげた
櫂くんの表情はメチャクチャ切なかったですね。


63 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/08 02:35
「愛し君へ」 第三回

今回はココスの店員さんが
「お客様持ち込みはこまるんですよ」
とケーキを咎めたのに
ろうそくを消すために電気を消したシーンにつきました。
ああいうのにすごく弱いんです。

そして終盤四季(菅野美穂)がとうとう安曇さんの
病気に気づきますね。
四季がおとうさんに言っていた
「絶対お父さんを悲しませるような人を好きにならない」
みたいなこといってましたがこれ、逆の伏線ですね。

64 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/08 14:45
「ホームドラマ!」 第四回

旅行会社の女性とユースケは互いに
「配偶者をなくした悲しみ」を共有しています。
だからこそ彼女の気持ちがわかって
そして彼女の状況に自分を重ねて見れたのかもしれません。

2人で将吾の家にやってきます。
「もううしろむきに行きたくはない。少しやっかいになります」と。
ああハッピーエンド…と思いきや次回妊娠ネタきましたね。

65 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/10 14:15
「ワンダフルライフ」 第四回

長谷川京子の暗さだけが目についた回でした。


66 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/10 15:43
「アットホーム・ダッド」 第四回

家族問題の終始しはじめました。
こうなってくるとみるの退屈になってきますね。

よって脱落!


67 :山芋堀太郎 ◆KuuoimOREM :04/05/10 16:35
「オレンジデイズ」 第五回

櫂くんが彼女と別れてしまいました。
若干名の就職祝いとしてキャンプにでかけます。
サエちゃんが自転車をなくし櫂くんと探しに行きます。
「鍵の末尾の番号を当てたら私達つきあう」(手話で)

櫂くんははずすのですがその時かぶるサエちゃんのナレーションが
過去形なんですね。
なんだか暗い未来を暗示しているような。
そう、ビュティフルライフも常盤貴子が過去形で話してました。
それだからそう思うのかもしれません。

でも来週はサエちゃんの恋したらしき人もでてくるし、
成宮とあかね(でよかったでしたっけ)の恋の行方も気になるところです。


26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)